« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

JRA GI/JPN I 2016 RACE I - フェブラリーステークス

 チャンピオンズカップ 2 着のノンコノユメを本命に考えていたのですが、どうも昨日の雨で、少々締まったダートになり、先行争いが多少激しくなっても残れる馬場になっているかもしれない、おまけに同馬はそのチャンピオンズカップ以来ということで、絶対視は危険と判断しました。

 対抗に考えているのはこれも四歳馬で根岸ステークスをモーニン
 こちらはノンコノユメに負けた武蔵野ステークスから間隔を空けて、前走を勝ち、二走目。前走が外々を走って押し切っているので、距離的にマイルは大丈夫だとは思いますが、ただ先行する馬なので、前つぶれの展開になるとちょっと厳しいかなと。
 同じく先行争いが激化し、前つぶれの展開になると厳しいのは前年覇者 コパノリッキーも同じで、同馬はここ数戦の結果を見てるとモーニン以上に強くは推せません。

 これらを絡めて馬券戦略でからめとる方法を考慮するとして、一応優先順位をつけてみると今のところ、以下のようになりました。

◎ ノンコノユメ
○ モーニン
▲ コパノリッキー
△ ロワダルジャン
△ ベストウォーリア
× タガノトネール
× ホワイトフーガ

 ちょっとグレープブランデーが気になりますが、これらをうまく絡めれば、ホッコータルマエやサウンドトゥルーがいないので出走できたクラスの馬が混じっているので、レベル差ははっきりしていて予想外の大荒れはないように思います。。。思いたいです (^^;

同馬券戦略を組むか、パドックの確認と合わせて発走までじっくり考えます (_ _;>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もフェブラリーステークスから!コパノリッキーの三連覇はあるのか?

 去年はひどい馬券戦績でした orz
 特に秋は、マイルチャンピオンシップで本命にしたイスラボニータが出遅れ、ひやひやしながらそれでもなんとか馬券を拾いましたが、実のところ、拾えたのはこれだけでした。昨秋の酷さは有馬記念でも、三歳馬が強いと踏んで、リアファルとキタサンブラックで、散々悩んだ挙げ句、本命にしたリアファルは故障を発生し惨敗、対してキタサンブラックはあわやの三着で見事に複勝圏に絡んできました。ゴールドアクターを単穴としていただけに、完全に本命の選択が裏目に出ました o...rz

 無論、年間通しても大惨敗。おととし、年間トータルで勝ったので調子に乗っていたのかもしれません。
 猛省した上で、2016 年、開幕戦 フェブラリーステークスを考えています。

 中央 GI にはダートの GI が二つありますが、このフェブラリーステークスは実績より勢いを重視した方が、よいイメージがあります。
 おそらく人気を集めるであろう、フェブラリー S 三連覇の偉業に挑むコパノリッキーをどう見るかが一つ鍵になるのは明白です。
 ただ、昨年のチャンピオンズカップで惨敗、東京大賞典でも複勝圏にも入ってこれず、ピークが過ぎたという見方があります。一方で、個人的にはマイラーなんじゃないのか?とも思っていて、距離短縮してどうかは見極める必要があると思っています。

 他方、今回はいきたい馬が揃っているので、まして舞台が東京マイルということもあって、昨年のチャンピオンズカップでも見せ場十分の 2 着に突っ込んだ明け四歳馬ノンコノユメは、後ろから行く馬と言うこともありマークしづらく、枠順は悪くないので状態さえ悪くなければ勝ち負けを狙えると思っています。

 これからゆっくりと調教映像で状態を見極めて確実に、今年初戦を獲りにいきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »