« JRA GI/JPN I 2016 RACE III - 桜花賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE IV - 皐月賞 »

サトノダイヤモンドに感じる危険な香り

 不安は後味の悪い形で的中しました。
 単勝 1.5 倍の圧倒的人気を集めながら、 2 ヶ月ぶりで輸送競馬だったメジャーエンブレム。出が悪かったというコメントもありましたが、この上でゴール前行き場をなくして馬群に突っ込むようなレースをして、これで勝てれば本物の怪物です。三歳牝馬にそんな勝ち方は無理、そう考える方が普通です。

 外に進路をとって追い比べになったチューリップ賞 1, 2 着馬のたたき合いを制したのはジュエラー。チューリップ賞での借りを返しました。ただ 2 着になったシンハライトが最後差し返してきてたのは少々驚きました。オークスではまたわからないですね。

 何はともあれ予想の範囲内だったので、桜花賞は勝てました。このまま皐月賞も決めたいです!
2016041012
2016041013

 さてその皐月賞も桜花賞と同じ危険なにおいがします。

 おそらく一番人気を背負うだろうサトノダイヤモンドは、圧勝したきさらぎ賞から約 2 ヶ月ぶりのレース。しかも、これまで京都、阪神でしか競馬をしたことがないので、中山への輸送は初。

 確かにきさらぎ賞は圧巻でした。
 ただし、きさらぎ賞に出走した他のメンバーは今回皐月賞には出走せず、また皐月賞で他に人気を集めそうな馬とは未対戦。底を見せずにこの強さという前評判もありますが、個人的には力を出し切ったことがないのに、2 ヶ月ぶりの GI 。。。ちょっと三歳馬には難しいと考えざる得ません。

 また通常の年なら勝てたかもしれませんが、弥生賞馬 マカヒキ、二歳チャンピオン リオンディーズは、こちらも通常の年なら圧倒的な一番人気を背負っていいはずの馬です。

 これでサトノダイヤモンドがもし皐月賞を圧勝したならば、二冠は確定でしょう。そう思います。

 ただそうはならない。そちらの予感の方が今は強いです。

|

« JRA GI/JPN I 2016 RACE III - 桜花賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE IV - 皐月賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/63486410

この記事へのトラックバック一覧です: サトノダイヤモンドに感じる危険な香り:

« JRA GI/JPN I 2016 RACE III - 桜花賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE IV - 皐月賞 »