« JRA GI/JPN I 2016 RACE II - 高松宮記念 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE III - 桜花賞 »

メジャーエンブレムに絶対はあるのか?

 なんとか高松宮記念で今年初勝利をもぎ取れました (^^)/

 先行争いが激しくなりハイペースとなった今年の高松宮記念、それでも折り合って好位で進めたミッキーアイルに、最後の直線、ビッグアーサーが外から並びかけてねじ伏せました。両頭とも見事なレースでした。迷わず馬場の真ん中を選んだミッキーアイルに対して、内のポケットを狙わず狙いすましたかのように直線で並びかけた福永 騎手の勝負感にはちょっとぞくっとしました。
 逆に内をついたアルビアーノは手間取って三着となりましたが、着差ほどの力の差はないと感じました。ちょっとスプリントもこの馬にとっては忙しいのかもしれません。

 堅い決着となったために獲って損 orz になりましたが、まずは初勝利。それでよしとします。

20160327

 さて、いよいよクラシック。今週は桜花賞です。

 去年の二歳女王、クイーンカップを圧勝したメジャーエンブレムが絶対という前評判ですが、これには疑問があります。

 まずはローテーション。 2 月のクイーンカップからの直行というのが、間隔が開きすぎているという懸念。次に関東馬で、しかも 3 歳牝馬でありながら滞在競馬ではないという選択。
 そうです。どうしても去年のルージュバックとイメージがかぶります。
 この上、前へいく馬で、しかも、二番手、三番手評価のチューリップ賞 1、 2 着馬シンハライト、ジュエラーが強烈な末脚を武器にするタイプとなると、個人的には「絶対」はないと思っています。

 ただこの三頭を中心に考えていいとは思っています。三強と考えた方がよく、この一角を崩せるのは…!?

 そういう思考で挑もうと思っています> 2016 年 桜花賞

|

« JRA GI/JPN I 2016 RACE II - 高松宮記念 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE III - 桜花賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/63445731

この記事へのトラックバック一覧です: メジャーエンブレムに絶対はあるのか?:

« JRA GI/JPN I 2016 RACE II - 高松宮記念 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE III - 桜花賞 »