« JRA GI/JPN I 2016 RACE IV - 皐月賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE V - 天皇賞(春) »

VS 日経賞組!ゴールドアクターを超えられるか?

 後味の悪い形で予感が的中した桜花賞に対して、いい意味で予想を超えた皐月賞でした。
 あれだけのハイペースで、引っかかりながら早め先頭に立ち、それでも掲示板を確保したリオンディーズ、二ヶ月ぶりのハンディを背負ってそれでも堂々と横綱相撲をしてあれだけのパフォーマンスを見せたサトノダイヤモンド、そして自分の競馬に徹し、らしさを存分に発揮したマカヒキ。
 さすがに三強と称されるだけのことはある。。。ただそれ超える怪物が一頭いました。
「すべてがうまくいった」、蛯名 騎手はそうコメントしていましたが、あれを真に受けてはダービーで再び痛い目に遭うかもしれません。展開がはまった程度で、あのペースで、あの位置でスパートして、前二頭をまとめて交わし、マカヒキを抑えきるなんて芸当はできません。間違いなくディーマジェスティも怪物です。ダービーは四強対決、そう思っておいた方がいいでしょう。

 さて今週は JRA GI 最長距離で競う春の天皇賞です。

 前哨戦を見る限り日経賞が最もレベルが高く、その 1, 2 着ゴールドアクター、サウンズオブアースが中心になりそうですが、サウンズオブアースの方は前走からの乗り変わりもあり、グランプリホース ゴールドアクターを止めるのは難しそうです。

 産経大阪杯を惜しい二着で、しかも今回は経済コースを通れる最内枠を引いたキタサンブラック、長距離適性の違いを見せたシュヴァルグラン、阪神大賞典で見せ場がなかった菊花賞馬が絞ってどこまで変われるかが気になるトーホウジャッカルが相手になると思われ、天気も悪くはなさそうですし、前にキタサンブラックで、ゴールドアクターも展開に融通が利かないタイプでもないので、極端に荒れることもないかと思います。

 じっくり絞って考えるのが得策…そう考えています。

|

« JRA GI/JPN I 2016 RACE IV - 皐月賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE V - 天皇賞(春) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/63556256

この記事へのトラックバック一覧です: VS 日経賞組!ゴールドアクターを超えられるか?:

« JRA GI/JPN I 2016 RACE IV - 皐月賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE V - 天皇賞(春) »