« JRA GI/JPN I 2016 RACE VII - ヴィクトリアマイル | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE VIII - 優駿牝馬(オークス) »

チェッキーノはシンハライトを超えられるのか?

 阪神牝馬ステークスを生で観戦していて、見せ所のない負け方をしたストレイトガールが、ヴィクトリアマイルのパドックでの気合い乗りを見て、これは!と思って押さえといて良かったです (^^;

20160515

 まさか一騎打ちと思っていたミッキークイーンとショウナンパンドラを寄せ付けない圧勝劇を見せるとまでは思っていませんでしたが、それにしても凄まじかった。7 歳牝馬が一度叩いてあそこまで変わるとは…いや、よほど東京マイルが条件として合うのか…それにしても見事な連覇でした。

 なんとか連敗も止めて、今週はオークスです。はい、あまり得意な GI ではありません orz

 距離適性を考慮してメジャーエンブレムは NHK マイルカップを選択し、オークスは桜花賞馬 ジュエラーと、その二着馬シンハライトの一騎打ち!と思いきや、ジュエラーが骨折で戦線離脱。
 シンハライトの一強かと思いきや、フローラステークスを圧勝したチェッキーノという新星も人気を集めそうです。

 確かに桜花賞とは別路線組で争われたフローラステークスを見る限りチェッキーノの実力は圧倒的で、そうなるとシンハライトと比較してどうかと言うことに話は尽きるかと思います。

 正直、メジャーエンブレムが NHK マイルカップにまわった時点で、オークスはジュエラーとシンハライトの一騎打ちだと思っていて、かつ桜花賞でゴール前、完全に勢いで上回っていたジュエラーを差し替えそうと、タイム差なしまで追い詰めたシンハライトが、たとえジュエラーが出走してきていてもオークスでは上位と思っていました。

 すべての情報に目を通したわけではないですが、シンハライト上位は揺るがないと思っています。
 ただ、17 対 1 で勝ちきれるほど実力差があるかと言われると断言ができません。シンハライトが馬券圏内から落ちることはないと思っていますが、チェッキーノはそこまで信頼が置けるか?この二頭の馬連ではつきそうもないですし、もう一頭と考えると、ドングリの背比べ…やはり難しそうです>オークス orz

|

« JRA GI/JPN I 2016 RACE VII - ヴィクトリアマイル | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE VIII - 優駿牝馬(オークス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/63660137

この記事へのトラックバック一覧です: チェッキーノはシンハライトを超えられるのか?:

« JRA GI/JPN I 2016 RACE VII - ヴィクトリアマイル | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE VIII - 優駿牝馬(オークス) »