« JRA GI/JPN I 2016 RACE VIII - 優駿牝馬(オークス) | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE IX - 東京優駿(日本ダービー) »

リオンディーズは雪辱を果たせるか?

 いやぁオークス、ひやひやしました。
 本命だと信じていたシンハライトが、最後の直線を向いたときにかなり後方で、しかも前がふさがり、チェッキーノは外から伸びてくるし、何よりあとでわかりましたけど、ビッシュが必殺のタイミングで抜け出したときは、もうダメかと思いました。

20160522

 もう目の覚めるような末脚でした>シンハライト
 これで秋、桜花賞馬 vs NHK マイルカップ馬 vs オークス馬の頂上決戦がすっごく楽しみになりした。チェッキーノも小回りの京都なら…と思わせる部分のありましたし、三歳牝馬戦線は秋が本当に楽しみです。

 さぁ、今週はダービーウィーク。

 本業でドタバタしていますが、読み込んでいます。前半戦は「ダービー良ければすべてよし!」。牝馬戦全勝で今年の前半戦の勝ちは決定していますが、ダービーでもう一丁!

 というわけで、リオンディーズです。
 はっきり言って皐月賞はかかりました。それでも、普通の馬なら大敗するようなハイペースで引っ張り、ふらつきながら降着しながら、それでも掲示板にのるというこの馬の底力には震えました。

 正直、サトノダイヤモンドやディーマジェスティはさらに調子を上げてくると思っていいでしょうし、マカヒキも脚質的に東京の方が合いそうです。

 それでも折り合いさえつけば…リオンディーズの真価、今一度見極めたいと思っています。

|

« JRA GI/JPN I 2016 RACE VIII - 優駿牝馬(オークス) | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE IX - 東京優駿(日本ダービー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/63688605

この記事へのトラックバック一覧です: リオンディーズは雪辱を果たせるか?:

« JRA GI/JPN I 2016 RACE VIII - 優駿牝馬(オークス) | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE IX - 東京優駿(日本ダービー) »