« JRA GI/JPN I 2016 RACE V - 天皇賞(春) | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE VI - NHK マイルカップ »

メジャーエンブレム、ロードクエストが王道を進んできた意地を見せる!

 天皇賞(春)は競馬の奥深さを思い知るレースになりました。
 余裕残しであれだけのレースを前哨戦 日経賞で見せた昨年のグランプリホース ゴールドアクター、それをすんでの所まで追い詰めたサウンズオブアース。この二頭が掲示板にも載れないレース展開。
 もちろん、ゴールドアクターはパドックでも入れ込んでいたという状況もありましたが、対して自分のレースに徹し、最後の最後で菊花賞馬の意地を見せたキタサンブラック。そして、ゴール前、最後は脚を上がりましたが、こちらも菊花賞馬の意地は十分に見せたトーホウジャッカル。
 実績だけでもない、血の力だけでもない、もちろん騎手の力だけでもなく、逆にそのどれもが必要。競馬は難しい。久々に思い知りました。

 そして今週は三歳マイル王決定戦 NHK マイルカップ。
 今年はクラシック路線のレベルが高く、その中でも負けはしましたが圧倒的な 1 番人気を GI 桜花賞で獲得したメジャーエンブレム、そして超ハイレベルの牡馬戦線で有力馬の一頭として皐月賞に挑んだロードクエスト、この二頭のレベルはおそらく他馬とは一線を画していると思っています。

 メジャーエンブレムの桜花賞はローテーション的にも無理がありましたし、実際のレースも不本意な展開となりました。対してロードクエストは中山では良績がなく、皐月賞では中段内々じっとしていましたが、伸びを欠きました。双方ともマイルでしかも実績のある左回りで、前走以上のレースをするものと思われます。

 この二頭に割って入ることはできても、まとめて交わせる馬は…これ以上の連敗は避けるべく、そういう思考で検討を進めています。

|

« JRA GI/JPN I 2016 RACE V - 天皇賞(春) | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE VI - NHK マイルカップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/63591282

この記事へのトラックバック一覧です: メジャーエンブレム、ロードクエストが王道を進んできた意地を見せる!:

« JRA GI/JPN I 2016 RACE V - 天皇賞(春) | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE VI - NHK マイルカップ »