« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

JRA GI/JPN I 2016 RACE XV - 天皇賞(秋)

 最近、夜に予想をまとめようにも JRA ホームページの調教映像などまったくスムーズに見れず、いらいらします!

 と言うことで、資料だけで考えをまとめてみた今のところ、本命はモーリス。ここは無理に動かす必要なないと思います。本格化してから2戦2勝の鞍上 R. ムーア 騎手に戻っての一戦。しかも、今回は札幌記念で一度、叩いての国内二戦目。馬券圏内からはずれることはないとみます。

 レースの展開を握るのはおそらくエイシンヒカリでしょうが、香港カップ、イスパーン賞と海外 GI を立て続けに二勝したために、前売りでも一番人気になっていますが、去年のこともあり、またプリンスオブウェールズステークスでも不可解な負け方をしたように 1800m ならまだしも 2000m で絶対の信頼が置けないタイプ。ただ 1 枠 1 番を引いたので、ここが微妙なところ。

 エイシンヒカリが前につけて、これをロゴタイプがつつく展開を見ながら、モーリスが出を伺うような展開になると、仕掛けどころを間違うと後ろからズドンもあるかもしれません。ここはアンビシャスルージュバックに期待します。

 もし、モーリスが勝ち切る展開になった場合、展開の利を得た馬が三着くらいに絡んできそうでここを注意してまとめると以下のようになりました。

◎ モーリス
〇 ルージュバック
▲ エイシンヒカリ
△ アンビシャス
△ サトノクラウン
× アドマイヤデウス
× リアルスティール

 あとはベストの条件であり、去年勝っているラブリーデイに注目はしていたのですが、やはり大外枠はこの馬には不利。超スローから団子で直線用意ドンならまだしも、今回は縦長の展開になりそうで、テンの速い馬でもないので、内にもぐれずもぞもぞしたまま終わりそう。

 明日もう一度、JRA ホームページの調教映像見直してみて、パドック見て、馬場状況を判断して、最終決断しようと思います。

 よし!止めるぞ連敗!\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (4)

VS モーリス

 菊花賞は圧巻のレースでした。
 日本競馬界を席巻していると言ってもいいディープインパクト産駒が超えられない距離の壁。それがあると思われたクラシック最後の一冠 菊花賞。
 その効率のよい走りを見て、もしかしたらこの馬ならと思っていたサトノダイヤモンドが最後の一冠を圧勝で手中に収めました。
 過去、菊花賞で人気を集めたディープインパクト産駒は何頭かいましたが、最終コーナーをあんな手応えで回ってきた馬を初めて見ました。あの瞬間、この馬が勝つことを確信しました。
 逆に馬券に絡めなかったディーマジェスティは、やはり距離の壁でしょう。ディープインパクト産駒が菊花賞で沈む典型的なパターン、最後のゴール前で脚が余っていなかったように思います。
 もしかしたらレインボーラインは…とは思って馬券に入れていたのですが、神戸新聞杯の結果から沈むと思っていたエアスピネルを内でじっと我慢させてあそこまで食い込んだ武 豊 騎手の手腕には感服しました。
 えぇディーマジェスティが三着なら獲れてたのに… orz

 これで三連敗なので落ち込みはしますが、難しいレースが三つ続いたので今週の天皇賞で巻き返しを狙いたいと思います。

 今年の秋の天皇賞、図式を簡単にすると、モーリスを何頭が超えられるか?札幌記念の内容からも、これに尽きると思います。複勝圏内にもかからない…そんなレースになったら、見る目がなかったとあきらめます。

 あるなら前で逃げ切られるか、ハイペースに巻き込まれて後ろからの一撃を食らうか?モーリスと同じような位置でモーリスを交わせる馬はいないでしょう。

 そうなってくると1枠1番という絶好枠に入ったエイシンヒカリ、そして前哨戦、毎日王冠をしっかりした末脚で勝ちきったルージュバック、そしてそれに食らいついたアンビシャスあたりが、展開次第でモーリスを超えられる候補となるでしょう。

 この中にモーリスを超えられる馬が何頭いるか?もしモーリスが勝ちきる展開になった場合は…?

 VS モーリス。そう思っていても、まだまだ検討が必要だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XIV - 菊花賞

 前哨戦を見て、やはり春の四強で、この菊花賞に出走してきたディーマジェスティサトノダイヤモンドは強い事は十分に確認できました。

 この二頭に敬意を払って、そしてまた絶対能力差が距離を克服すると見て、本命・対抗はこの二頭にします。

 本命はサトノダイヤモンド。
 正直、2400m までなら能力は甲乙つけがたいと思っています。ただ両頭ともディープ産駒の真骨頂である抜群の切れ味を有する馬で、ただそれを生み出す力の根源がどこにあるかというと、このサトノダイヤモンドは跳びの大きさから生まれる持続的な加速力が元になっているように思います。
 対して対抗 ディーマジェスティは、ここ一番でギアの上がる回転力。どちらのエネルギー効率がいいかと考えると、跳びの大きい方がいいと考えました。

 さてこの二頭に迫るもしくは展開次第で一泡吹かせられる馬がいるかと考えたとき、浮上したのは1枠1番を引いたハーツクライ産駒のカフジプリンス

 なぜ神戸新聞杯 3 着で同じく穴人気を集めそうなゼンノロブロイ産駒のレッドエルディストではないかというと、明らかに神戸新聞杯ではゴール前の末脚がカフジプリンスの方が上だったから。と言うことにプラスして、世間で言うほどゼンノロブロイ産駒に長距離適性があるとは思っていません。同じサンデーサイレンス系の種牡馬でディープインパクト産駒と比較すると、ただ単に長い距離の方に傾いて距離適性が狭いだけと言うイメージを持っています。
 絶対的能力を埋めるほどレッドエルディストに長距離適性を前走のレースからは感じませんでした。

 まとめますと…

◎ サトノダイヤモンド
○ ディーマジェスティ
▲ カフジプリンス
△ ミッキーロケット
△ シュペルミエール
× レンボーライン
× ウムブルフ

あと去年二着のリアルスティールの全弟プロディガルサンと、2300m の未勝利を勝ってから 2000m 超のレースばかりで連対をはずしていないコスモジャーベが気になって仕方がありません。しかもこのコスモジャーベ、父は菊花賞馬ソングオブウインド。そういう意味ではマンハッタンカフェ産駒のイモータルも気になります。

 素直に二強が来ても、ひもで荒れそうな気がプンプンするので、パドックを見て、馬券戦略はよく考えることにします。
 秋はちょっと振り回された感じで二連敗しているので、ここで連敗は止めておきたい!頑張ります\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (4)

サトノダイヤモンドは血の壁を越えられるのか?

 先週の秋華賞は、前哨戦を勝ったビッシュ、そして参戦馬の中で唯一の GI 馬となってしまった桜花賞馬 ジュエラーが、パドックでの気配があまりにも良かったので、この二頭を軸に、そして、前哨戦で見所のあったヴィブロスと、カイザーバル以外は徹底的に内枠の馬を買って…掲示板に乗った馬番はすべて馬券にあるのに…縦目でした orz
 ま、でもあれだけわからなかったレースが、ゴール前まで手に汗握れたのでよしとします。

 そして今週は菊花賞。

 ダービー馬 マカヒキは凱旋門賞に挑戦し、二歳チャンピオン リオンディーズは引退。皐月賞馬 ディーマジェスティ vs ダービー二着の未完の大器 サトノダイヤモンドの一騎打ちか!?との前評判ですが、なんと言っても、この二頭は牡馬/牝馬合わせてもクラシックレースの中で菊花賞だけに勝ち星がないディープインパクトの産駒。

 しかし、この二頭は春のクラシック戦線で他馬とあれだけ力の差を見せつけ、また秋初戦でも力に衰えはないことを証明して見せました。

 今度こそ血の壁を越えられるか?超える可能性があるなら、サトノダイヤモンドかと思っています。それは単純に 2400m と言う距離で、ケチのつけようのない結果を残しているから。
 それとも、距離に焦点を合わせて、考え始めるとやはり血の力か、もしくは案外、枠順というのが勝敗の重要なポイントになりそうな気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XIII - 秋華賞

 まさか今年の秋華賞に出走する GI 馬がたった一頭になるとは…もうこうなると、内枠も引きましたし、鞍上を信じてジュエラーを本命に置くしかないと思っています。
 前走の大敗は休み明けがすべてかと思います。馬場が合わなかったというのもあるかもしれませんが、飛びの大きな馬であるイメージはないので、距離の融通は意外にきかないのではないかと疑っています。しかし、これも 1800m の新馬戦を勝っているので、2000m ならなんとか守備範囲でしょう。

 対抗は紫苑ステークスの ビッシュヴィブロスで悩んでいます。と言うか、ここ以外がわからない。正直、三連複でいつものように買うかどうかすら悩んでいます (_ _;

 ここから、今年のフラワーカップの勝ち馬エンジェルフェイスや、ローズステークスで驚きの先行策を見せたクロコスミア、前々で競馬ができそうなカイザーバル など、手広く流すか…△打てない orz

◎ ジュエラー
○ ビッシュ
▲ ヴィブロス
× カイザーバル
× クロコスミア
× エンジェルフェイス
× ミエノサクシード
× パールコード

もう一回今ある資料を見直して、馬場状態確認して、パドックでの様子をつぶさに観察して、馬券戦略を練って…すみません、秋華賞はどうなるかわかりません (T^T)

とりあえず当たったら来週種明かしはします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ジュエラーを信じるしかないのか?

 前回、スプリンターズステークスの予想で「それでもビッグアーサーが惨敗するレースまでには想像が及びません…」と書きましたが、その想像を超えたことが起きました。
 直線で前が開かず、おまけにつまずくまさかの状況がビッグアーサーに襲いかかる中、逃げ切るかと思われた○ミッキーアイルに、大外からまさに計ったように差しきったレッドファルクス。
 いつもはうるさいくらいのダンスディテクターが妙に落ち着いていたので、単穴をレッドファルクスに変えて挑んだのですが、まさかビッグアーサがあんな負け方をするとは…
 競馬の怖さを秋初戦で思い知りました orz

 そして今週の秋華賞、レース前からその競馬の怖さを知る展開となっています。
 NHK マイルカップを制したメジャーエンブレム、オークスを制したシンハライト、そのオークスで絶対と思われたシンハライトを追い詰めたあそこまでチェッキーノがいずれも故障で戦線離脱。しかも、桜花賞を制したジュエラーは前哨戦で見せ場なく敗退。
 正直、まさかの秋華賞となっています。

 ローズステークスで惨敗したジュエラーがあれで終わるとは思っていませんし、紫苑ステークスを制し、オークスでも見せ場十分だったビッシュには魅力は感じますが、どちらも中段より後ろからいく馬なので、直線の短い京都の内回りでは、一抹以上の不安を感じます。

 かといって、前へいく馬で絶対と思える馬もいない今週の秋華賞。
 今からじっくり考えようとは思いますが、枠順含めて経済コースを走れそうな馬を重点的に見ていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XII - スプリンターズステークス

 セントウルステークスを圧勝したビッグアーサー。あの内容に危なさを感じるか、圧倒的力量差を感じるか…危うさを感じながらも、やはり力の差は歴然と見ることにしました。
 競馬に絶対はないことは重々承知していますが、それでもビッグアーサーが惨敗するレースまでには想像が及びませんでした。

 セントウルステークス組でもし巻き返す可能性があるとしたら、そのビッグアーサに同距離で土をつけたことのあるダンスディテクターでしょうか?当てにならない馬ですが、ハマったときの強さは認めざる得ません。

 またそれ以外では春の高松宮記念でビッグアーサーに次ぐ二着を確保したミッキーアイル。休み明けを不安視する声もあるようですが、個人的には使い減りをするイメージがあって、かつ実績を考えれば評価は落とせないと思っています。

 ハイレベルな今年の三歳馬が人気を集めそうですが、宝塚記念までは 3kg あった古馬との斥量差がいきなり 2kg になる本レースはやはり相当な実力がないと三歳馬はしんどいと考えます。

◎ ビッグアーサー
○ ミッキーアイル
▲ ダンスディテクター
△ レッドファルクス
△ レッツゴードンキ
× ベルカント
× ソルヴェイグ

 個人的に大穴で狙っているのはレッツゴードンキ。スプリントの速いペースの中で脚質転換を試しているようなレースをしているイメージが合って、ここ二走、洋芝で 34.0 33.9 の脚を使っています。これがオーバーシードに変わってどうでるか?注目しています。

 あとはネロ、三歳馬からブランボヌールシュウジ。入れ替えるのか、手を伸ばすのか、当日のパドックを見て考えようと思います。

 紐荒れする気がするので、じっくり当日の各馬を見てしっかり獲りにいって、凱旋門賞のマカヒキ応援馬券に回したいと思ってます ^^

 さあ秋初戦、勝つぞ! \(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »