« JRA GI/JPN I 2016 RACE XIII - 秋華賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE XIV - 菊花賞 »

サトノダイヤモンドは血の壁を越えられるのか?

 先週の秋華賞は、前哨戦を勝ったビッシュ、そして参戦馬の中で唯一の GI 馬となってしまった桜花賞馬 ジュエラーが、パドックでの気配があまりにも良かったので、この二頭を軸に、そして、前哨戦で見所のあったヴィブロスと、カイザーバル以外は徹底的に内枠の馬を買って…掲示板に乗った馬番はすべて馬券にあるのに…縦目でした orz
 ま、でもあれだけわからなかったレースが、ゴール前まで手に汗握れたのでよしとします。

 そして今週は菊花賞。

 ダービー馬 マカヒキは凱旋門賞に挑戦し、二歳チャンピオン リオンディーズは引退。皐月賞馬 ディーマジェスティ vs ダービー二着の未完の大器 サトノダイヤモンドの一騎打ちか!?との前評判ですが、なんと言っても、この二頭は牡馬/牝馬合わせてもクラシックレースの中で菊花賞だけに勝ち星がないディープインパクトの産駒。

 しかし、この二頭は春のクラシック戦線で他馬とあれだけ力の差を見せつけ、また秋初戦でも力に衰えはないことを証明して見せました。

 今度こそ血の壁を越えられるか?超える可能性があるなら、サトノダイヤモンドかと思っています。それは単純に 2400m と言う距離で、ケチのつけようのない結果を残しているから。
 それとも、距離に焦点を合わせて、考え始めるとやはり血の力か、もしくは案外、枠順というのが勝敗の重要なポイントになりそうな気がしています。

|

« JRA GI/JPN I 2016 RACE XIII - 秋華賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE XIV - 菊花賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/64380976

この記事へのトラックバック一覧です: サトノダイヤモンドは血の壁を越えられるのか?:

« JRA GI/JPN I 2016 RACE XIII - 秋華賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE XIV - 菊花賞 »