« JRA GI/JPN I 2016 RACE XIV - 菊花賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE XV - 天皇賞(秋) »

VS モーリス

 菊花賞は圧巻のレースでした。
 日本競馬界を席巻していると言ってもいいディープインパクト産駒が超えられない距離の壁。それがあると思われたクラシック最後の一冠 菊花賞。
 その効率のよい走りを見て、もしかしたらこの馬ならと思っていたサトノダイヤモンドが最後の一冠を圧勝で手中に収めました。
 過去、菊花賞で人気を集めたディープインパクト産駒は何頭かいましたが、最終コーナーをあんな手応えで回ってきた馬を初めて見ました。あの瞬間、この馬が勝つことを確信しました。
 逆に馬券に絡めなかったディーマジェスティは、やはり距離の壁でしょう。ディープインパクト産駒が菊花賞で沈む典型的なパターン、最後のゴール前で脚が余っていなかったように思います。
 もしかしたらレインボーラインは…とは思って馬券に入れていたのですが、神戸新聞杯の結果から沈むと思っていたエアスピネルを内でじっと我慢させてあそこまで食い込んだ武 豊 騎手の手腕には感服しました。
 えぇディーマジェスティが三着なら獲れてたのに… orz

 これで三連敗なので落ち込みはしますが、難しいレースが三つ続いたので今週の天皇賞で巻き返しを狙いたいと思います。

 今年の秋の天皇賞、図式を簡単にすると、モーリスを何頭が超えられるか?札幌記念の内容からも、これに尽きると思います。複勝圏内にもかからない…そんなレースになったら、見る目がなかったとあきらめます。

 あるなら前で逃げ切られるか、ハイペースに巻き込まれて後ろからの一撃を食らうか?モーリスと同じような位置でモーリスを交わせる馬はいないでしょう。

 そうなってくると1枠1番という絶好枠に入ったエイシンヒカリ、そして前哨戦、毎日王冠をしっかりした末脚で勝ちきったルージュバック、そしてそれに食らいついたアンビシャスあたりが、展開次第でモーリスを超えられる候補となるでしょう。

 この中にモーリスを超えられる馬が何頭いるか?もしモーリスが勝ちきる展開になった場合は…?

 VS モーリス。そう思っていても、まだまだ検討が必要だと思っています。

|

« JRA GI/JPN I 2016 RACE XIV - 菊花賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE XV - 天皇賞(秋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/64412061

この記事へのトラックバック一覧です: VS モーリス:

« JRA GI/JPN I 2016 RACE XIV - 菊花賞 | トップページ | JRA GI/JPN I 2016 RACE XV - 天皇賞(秋) »