« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

ファブラリーステークス [2017 JRA GI OPENING RACE]

 やはりカフジテイクに全幅の信頼が置けません。
 福永騎手の落馬負傷で、乗り変わりといってもチャンピオンズカップで騎乗していた津村 明秀 騎手に戻るだけですが、それでも GI で、追い込み一辺倒という脚質を信じ切ることができません。

 迷いましたが、本命はゴールドドリームで行きたいと思います。
 前走は出遅れが全てで、前々走の武蔵野ステークスでは、しっかり古馬相手に、今回と同舞台で結果を残している明け四歳馬。好位につけて、抜ける脚があるのが、末脚に賭けてくる馬に有力馬が多い今回、枠順も良く、M. デムーロ騎手も期するものがあると信じて、狙ってみたいと思います。

 対抗はカフジテイクでいいとして、穴で狙うのもコパノリッキーでいいでしょう。
 明け 7 歳というのが気になりますが、なにせこの GI を二勝している、おそらく最も条件の合うこの舞台。また当てにはなりませんが、ハマるととてつもない強さを発揮するので、抑えておく必要は絶対あると思っています。

 これらを中心にまとめると…

◎ ゴールドドリーム
○ カフジテイク
▲ コパノリッキー
△ ノンコノユメ
△ アスカノロマン
× ベストウォーリア
× モーニン

 あとサウンドトゥルーケイティブレイブまで気になっているのですが、距離適性と枠順を考えると、この二頭には少しマイルは忙しいのではないかと思っています。

 逆にこの舞台があっていると思われ、かつ枠順も良かったモーニンや、いい枠を引いて、もしスローペースに落ちたら粘り込めるイメージのあるアスカノロマン を少し評価を上げました。

 一応、この予想をベースに、当日じっくりパドックを見て最終決断したいと思います。正直、荒れそうな気がしているので、ここでしっかり獲っとくために、じっくり今年最初の GI を楽しみたいと思います (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (2)

カフジテイク…追い込み一辺倒では…?

 昨年は、前半で勝った分を、後半でかなり食いつぶしはしましたが、最後の有馬記念で◎ サトノダイヤモンド、▲ キタサンブラック、○ ゴールドアクターと見事に予想通りの結果となり、気持ちいい締めくくりとなりました (^^)v

20161225

 もちろん獲って損でしたけど orz 年間収支も微妙すぎて計算してないですけど… o...rz

 今年は気持ちよく締めくくれるよう、GI も一戦増えますし、初戦のフェブラリーステークスから決めていきたいと思います!

 さて今年初戦の争点はやはり前走 根岸ステークスを派手な勝ち方で制したカフジテイクをどう見るかでしょう。

 JRA ダート GI は年間二戦しかありませんが、チャンピオンズカップ(旧 ジャパンカップダートも含めて)は実績馬が強さを発揮し、注目された 3 歳馬などの新星が及ばないことが多いと思いますが、逆にフェブラリーステークスは、実績馬が崩れ、勢いのある新星が出現するイメージがあります。

 そういう意味ではカフジテイクは上り馬で、イメージと合致するのですが、追い込み一辺倒という脚質がどうも気になります。実績馬にもサウンドトゥルーやノンコノユメなど同脚質の馬が揃っていますし、こうなるとスローで流れたときが怖い…と思っています。

 後ろから来る馬はこの三頭でいいと思っているので、前に行ける、ペースを作れる馬に注目してじっくり考えています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »