« 今年もキタサンブラックなのか? | トップページ | ここはソウルスターリングで… »

大阪杯 [2017 JRA GI RACE III]

 今年、GI に昇格した春の古馬戦線、待望の中距離戦 大阪杯。
 例年だと、ここをステップに春の天皇賞や宝塚記念に向かう馬がいましたが、今年はここが本番という馬も少なくないでしょう。ということで、いくら昨年、あれだけの強さを見せつけ年度代表馬に選出されたと言っても、有馬記念以来となるキタサンブラックには一抹の不安を感じますし、凱旋門賞以来の国内初戦となった京都記念で勝ったサトノクラウンにはいいとしても、スマートレイヤーにまで後塵を拝したマカヒキにも同様に不安を感じます。

 ここは臨戦態勢も含めて本命はサトノクラウンでいきたいと思います。
 ハイランドリールを負かした香港ヴァーズ、横綱相撲を見せた京都記念とどちらも圧巻の内容で、距離的にも弥生賞を勝ち、皐月賞でも一番人気になった馬ですので、2000m くらいがちょうどいいかと思います。枠も有利不利のないちょうど真ん中、鞍上 M. デムーロ騎手と死角らしい死角が見つかりません。

 対抗は先行有利の阪神 2000m の定量戦を考慮し、ローテーションのハンデはありますが、2000m くらいが最も強いと思っているキタサンブラック。穴は内でじっとしていられるミッキーロケットを狙ってみたいと思っています。

◎ サトノクラウン
○ キタサンブラック
▲ ミッキーロケット
△ マカヒキ
△ アンビシャス
× ステファノス
× ヤマカツエース

 ヤマカツエースはもっと内枠だったら面白いと面白いと思っていたのですが、外々を回らされて末脚勝負になって勝てる馬ではないので評価を下げました。逆にマカヒキが内に入ったら評価を下げようと思いましたが、大外ならでたなりで適当な馬を壁にできるかと思い評価を上げています。

 正直、月並みの予想だと思います (^^; が、ここに挙げた馬と挙げなかった馬にははっきりしたレベル差があると思っていて、そうそう荒れる要素はないと思っています。もし、万一、この上位馬にパドックで異常を感じたらもう一頭だけサクラアンプルールの中山記念での脚は見所があったので、これを馬券に加えるかもしれません。

 2017 年は二連勝中で、次週の桜花賞も荒れる要素が少なそうなので、その次の皐月賞を考えると、この大阪杯と桜花賞は抑えておきたい。勝ちに行きます (^^)b

|

« 今年もキタサンブラックなのか? | トップページ | ここはソウルスターリングで… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/65097862

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪杯 [2017 JRA GI RACE III]:

« 今年もキタサンブラックなのか? | トップページ | ここはソウルスターリングで… »