« 大阪杯 [2017 JRA GI RACE III] | トップページ | 桜花賞 [2017 JRA GI RACE IV] »

ここはソウルスターリングで…

 菊花賞、天皇賞(春)と勝っている馬ですが、2000m 前後が一番強いのではないかと思っていましたが、キタサンブラック、最終コーナーで無理なく先頭に並びかけ、鞍上 武 豊 騎手は股の間から覗いて後ろを確認する余裕があるくらいの手応え、そこからは直線を向いて圧勝。休み明けでこれですか…今年もキタサンブラックは強そうです。
 ただこのレースもう一ついやな予感がしていて、例年、先行有利な傾向にはあるんですが、ちゃんと後ろから来る馬が届いたり、差しきったりしていたのですが、GI となって力のある馬同士になると、先行有利がより鮮明になるのではないかと思っていたらその通りになりました orz
 そしてまさか外枠を引いて不利と思われたヤマカツエースが、末脚でマカヒキを上回るとは…

 連勝は途切れましたが、まだ今年三戦が終わったところ、こんなところで沈んでる場合ではありません!桜花賞で再び勝つ!

 そしてここはソウルスターリングが出走してきます。未だ無敗、そして前哨戦 チューリップ賞のあの圧倒劇。フラワーカップを勝ったファンディーナならとも思いましたが、そのファンディーナはなんと牡馬クラシック路線へ。

 競馬に絶対はない。良く承知しているつもりです。それでもこのソウルスターリングが馬券に絡まない理由探しをするより、二着、三着馬をしっかり見極める方に力を注いだ方が建設的かと思います。

 もう一頭注目馬を上げるとすれば、もう一頭のフランケル産駒 ミスエルテ。朝日杯で連勝が止まり、それ以来の出走とは言え、いくら何でも評価を落としすぎているような気がするんですよねぇ…勝った二戦の走りは間違いなく規格外だと思ってるんですが…

|

« 大阪杯 [2017 JRA GI RACE III] | トップページ | 桜花賞 [2017 JRA GI RACE IV] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/65113031

この記事へのトラックバック一覧です: ここはソウルスターリングで…:

« 大阪杯 [2017 JRA GI RACE III] | トップページ | 桜花賞 [2017 JRA GI RACE IV] »