« 2017年4月 | トップページ

優駿牝馬(オークス) [2017 JRA GI RACE IX]

 どちらかというと血統を重んじるのですが、今回のオークスに関しては現時点での絶対能力をとることにしました。本命はソウルスターリングにします。
 春三走目にして初の長距離輸送なし。桜花賞はあの馬場、滞在競馬を選ばずあの結果。今回は当日輸送で、東京、無論、左回りでの勝ち星もあり、しかも内目の 2 番枠。桜花賞以下の結果にはならないと見ました。

 対抗はリスグラシュー
 父 ハーツクライという血統からして、桜花賞よりここ。今回もスローペースが予想されますし、出遅れは想定内。鞍上が武 豊 騎手なので、なんとか 2400m 持たせてくれるのではないかと。

 もしこの二頭をひっくり返せるとしたら、やっぱり桜花賞馬 レーヌミノルでしょう。
 父 ダイワメジャー×母父 タイキシャトルでは距離はもたないと思いますが、今回は絶対能力を優先することにしました。

◎ ソウルスターリング
○ リスグラシュー
▲ レーヌミノル
△ モズカッチャン
△ アドマイヤミヤビ
× ホウオウパフューム
× フローレスマジック

 モズカッチャン は父 ハービンジャー×母父 キングカメハメハで 2000m くらいまでなら問題なくこなせそうな血統が魅力。ハービンジャー産駒にありがちな一本調子の馬でないところと、やはり三連勝の勢いを無視することは無謀かと思います。枠も最内。じっとしているには絶好の枠です。

 アドマイヤミヤビは、前走はクイーンステークスからの直行で、かつあの馬場、出遅れた上に、さすがに 4 コーナーであの位置では能力どうこうの問題ではありません。ただいくら何でも負けすぎ。評価を落としました。

 残り二頭は穴を狙いました。ホウオウパフュームは、超スローからの上がり勝負で、あのコース取りで勝てれば、今回本命に推してます。逆に今回はノーマークで走れる立場、鞍上も変って思い切った競馬をしてくれば、ひょっとすると。。。

 フローレスマジックは、近年のオークスで好相性でありながら、今回、二頭しか参戦のないのないディープインパクト産駒。枠順も悪くないし、クイーンカップ以来となった前走 フローラステークスから上積みがあればひょっとすると…

 などと考えています。ひとまず、もう一度、調教 V をよくみて、馬場状態も確認して、パドックもみてじっくりヒモは考えますが、おそらく本命・対抗は変えません。

 桜花賞組上位。これが今の結論です。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

リスグラシュー、今度こそ!

 1000m 通過タイムが 1 分ちょうどくらい、上がり 3F 33.8 秒というレースで、やってはならないレースをやった。それが圧倒的一番人気を背負いながら、ミッキークイーンが掲示板にも載れない結果に終わってしまった結論だと思います。
 逆にそんなペース配分の中、勝てるレースをしたのがアドマイヤリード。もちろんそれをやりきる能力と、鞍上の判断があってこその話です。年に何度かありますが、競馬の怖さを思い知ったレースでした orz

 さて、今週はオークスです。東京 GI 5 連戦の 3 戦目。そろそろ出目を変えたいです (_ _;A

 ところが桜花賞の結果を見て、一層わからなくなりました。
 スカッとソウルスターリングが桜花賞を勝っててくれれば、絞る方向性を安易に決められたと思いますが、勝ったのはレーヌミノルという事実。てっきりそのまま NHK マイルに進むかと思われた桜花賞馬はオークスを選択。

「オークスは血統ではなく、現時点での決め手」

と考えていますが、レーヌミノルは微妙だなぁ…馬場が悪化すれば…とも思いますが、今週末の天気は良さそう。そうすると、今度はソールスターリングかというと…うーん、この馬にも弱点はあると認識してしまっただけに、盲目的に信じ切れません。

 リスグラシューかな…今度は。
 桜花賞、3 度目の対戦でついにソウルスターリングを交わし、父 ハーツクライで、母系は欧州系の中距離血統、現時点の決定力は桜花賞を見れば言わずもがな。
 問題はかかったり、出遅れたりするくせがあること。。。そこは武 豊 騎手の手腕で…なんとか…と言う風に思考を進めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィクトリアマイル [2017 JRA GI RACE VIII]

 朝の段階で東京競馬場の芝は重馬場発表で、天気は曇り。となるとあまり劇的な馬場の良化は望めそうにありません。

 それでも本命はミッキークイーンで行きます。
 阪神牝馬ステークスでもそうでしたが、馬場状態云々はあっても、牝馬同士なら一枚力が抜けています。去年、超高速の特殊な馬場状態でも 2 着、コース適性も問題ないでしょう。

 対抗は馬場状態を考慮し、同世代の桜花賞馬 レッツゴードンキ
 どちらかというとパワーのいる馬場で、末脚一発のトップスピード勝負にならない馬場状態になりそうで、そうなってくると昨今のレースに行っての安定感含めて信用に足るかと思います。

 他の 5 歳世代 ルージュバッククイーンズリングも気になるところではありますが、馬場状態を考慮すると強く推す気にならず、逆にスマートレイヤーの前残りや、アドマイヤリードなど、道悪で実績を残している馬の方が魅力的に思えます。

◎ ミッキークイーン
○ レッツゴードンキ
▲ アドマイヤリード
△ スマートレイヤー
△ ジュールボレール
× クイーンズリング
× ルージュバック

 あくまで雨の残っている馬場状態を想定しての予想ですので、馬場状態とパドックでの気配を確認してから結論を出そうと思いますが、本命・対抗は変えるつもりはありません。

 他といっても気になっているのは、デンコウアンジュとソルヴェイグくらいですし…ここは獲っておきたい一戦なんで気合い入れて中継見ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッキークイーンにお任せ!

 混戦ですがここが勝負!と望んだ NHK マイルカップ。カラクレナイとアエロリット、牝馬を二頭軸にして、ボンセルヴィーソはもちろん、リエノテソーロにまで手を伸ばしていた(総流ししたわけではありません)のに、直線、牡馬に揉まれて沈んでいくカラクレナイと一緒に沈みました… orz

でも今週のヴィクトリアマイルは大丈夫だと思います (^^)b

 ミッキークイーンの前走、阪神牝馬ステークスで、今年もその能力に陰りがないことを確認できましたし、去年二着の舞台、雪辱を果たしていただきましょう!
 そのミッキークイーンには力の差を見せつけられましたが、アドマイヤリード、ジュールポレールまで上位三頭は強いと思います。

 これに対するは、やはり京都牝馬ステークスを勝ちきり、高松宮記念で見せ場十分の二着と、レースが安定してきたレッツゴードンキと、構図が非常に見やすい気がします。

 じっくり考えて、東京 GI 連戦での連敗は是非避けたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK マイルカップ [2017 JRA GI RACE VII]

 今年の NHK マイルカップ、ほんと混戦です。絶対の信頼を置ける馬はいない。それがどこのスポーツ紙や専門誌を見ても同じ見解のようです。

 なら、ここは自分の目を信頼します。

 本命はカラクレナイ
 長いと言われ、馬場コンディションも決して良くなかった桜花賞を 4 着まで詰め、また前々走はその桜花賞を勝ったレーヌミノルを差しきっている実力、ここに入っては上位でしょう。調教の動きも悪くなく、調教後の馬体重も回復しています。鞍上も M. デムーロ 騎手で枠順もコースロスの避けられる内。敵は輸送と、初の左回りかと思っています。

 対抗も牝馬、桜花賞 5 着のアエロリット
 こちらは東京で勝ち星がないのは気になりますが、今回は輸送もなく、叩き二走目、確実に上昇は見込めそうで、桜花賞以上のパフォーマンスを見せるなら、十分に勝ち負けに絡めるのではないかと思います。

 そして単穴も牝馬で行きます。
 調教の動きは明らかに桜花賞のときよりも、よく見えたミスエルテ。二歳時のパフォーマンスのまま、成長カーブを描いていれば、良馬場なら勝ちきっておかしくないスピードとパワーを持っているはずです。桜花賞は見せ場がありませんでしたが、ここはもう一度かけてみることにします。

◎ カラクレナイ
○ アエロリット
▲ ミスエルテ
△ モンドキャンノ
△ レッドアンシェル
× ボンセルヴィーソ
× ディバインコード

 上位二頭はまだしも、他はそんなに実力差はないと思っているので少し手を広げようかと思っていて、あとガンサリュート、タイムトリップ、リエノテソーロまで視野に入れて、パドックで取捨選択、どこまで手を伸ばすか考えようと思います。

 ここを獲れたら大っきいかも…そう思って、馬券戦略もじっくり考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

カラクレナイこそ、牡馬の壁を突き破るか?

 予感があったとおり、春の天皇賞は硬い決着で収まってくれたおかげで獲れました。えぇ損はしましたけど orz

20170430

 しかし、キタサンブラックは強かった。最終コーナーで早々と前を捕まえ、そのまま後ろを寄せ付けず、しかも鞍上 武 豊 騎手をして「当面は破られないだろう」としたディープインパクトの残したレコードを塗り替えるのですから、他馬はこの馬と戦うことになった不幸を恨むしかありません。
 逆に最終コーナーあれだけの手応えで上がってきたサトノダイヤモンドは直線、力尽き、あわや内をすくったアドマイヤデウスに交わされるところでした。血の力を上回る才能も、3200m と言う距離の壁と、キタサンブラックの血の力を超える強さには及ばなかったようです。

 さて、今週末は NHK マイルカップ。

 大阪杯から続いた、(結果はどうあれ)本命視できるにたる実力馬不在の混戦模様です。

 その中でも桜花賞 4 着からオークスではなく、この NHK マイルカップに矛先を向けた、今年のフィリーズレビュー覇者 カラクレナイに注目しています。
 末脚を活かすタイプで、あの好位差しで決まった馬場の渋った桜花賞で、4 着まで詰めた実力は本物かと思います。そしてオークスへの優先出走権を持ちながら、こちらを選んだことも正解のように思います。あとは輸送。初めての左回り。

 カラクレナイに絶対の信頼は置けないと思っていますが、もう一頭気になる馬も、実は牝馬で、桜花賞 5 着のアエロリット。
 正直、桜花賞ではノーマークでした。クイーンカップでアドマイヤミヤビに敗れ、その上、同じローテーションで桜花賞に直行。絶対に結果は出ないと思っていた馬が、実際はカラクレナイと同じ脚を使って 5 着。しかも、今度はその上積みと、関東馬という優位点もあります。ただ左回りの新潟、東京で勝てていないのが、一縷の不安ではあります。

 さらに、強いと言われる今年の牝馬路線ですが、朝日杯でミスエルテが、皐月賞でファンディーナが牡馬の壁の前に敗れ去っています。NHK マイルカップは果たして…???と言うところで悩んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ