« 安田記念 [2017 JRA GI RACE XI] | トップページ | 宝塚記念 [2017 JRA GI RACE XII] »

キタサンブラックは止められるのか?

 安田記念は驚きました。
 勝ったサトノアラジンの末脚にではありません。はまればあれぐらいのパフォーマンスは発揮する馬だと思っていたので、これではなく、前半 3F 33.9 秒で、後半 3F 34.5 秒まったくい気のつくところないハイピッチの流れの中、GI 馬とは言え 7 歳馬であるロゴタイプが粘りきるとは…切れ負けたとは言え、あの位置からあのパンパンの良馬場であの末脚を繰り出したレッドファルクスも凄かった…
 が、これら GI 馬を前に、あのローテーションで、決して万全とは言えない状況で、しかも GI で、あのレースで 4 着まで食い込んだグレーターロンドン。やはりこの馬は凄い。秋はこの馬に絶対注目が必要でしょう。

 さてまたもや軸(アンビシャス)が飛んだもので、もう前半戦は負け越し決定…と言うのも、宝塚記念にはキタサンブラックが出てきます。春の天皇賞を連覇している馬に失礼かもしれませんが、絶対的に 2200m の方がキタサンブラックには条件がいいように思いますし、この条件、今回のメンバーで 3 着をはずすとはとてもとても…となるとなるべく傷が深くならないよう相手探しに専念します。

 週末は天気が微妙ですが、あるとしたらもうここしか隙がないように思います。昨年の再現あるか…ま、週末までじっくり空を見ながら検討します。

|

« 安田記念 [2017 JRA GI RACE XI] | トップページ | 宝塚記念 [2017 JRA GI RACE XII] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/65445223

この記事へのトラックバック一覧です: キタサンブラックは止められるのか?:

« 安田記念 [2017 JRA GI RACE XI] | トップページ | 宝塚記念 [2017 JRA GI RACE XII] »