« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

天皇賞(秋) [2017 JRA GI RACE XXI]

 今週も雨です。しかも、東京はすでに不良発表で、関西でも台風接近により、風を伴う雨が降りしきっており、馬場の良化は望めません。

 これで大分絞れそうです。

 本命はヤマカツエースで行きます。
 ローテーション的にも札幌記念からと言うこと、今回と似た条件、メンバー構成の大阪杯でも 3 着と、最近は安定感もあり、どんな条件でもそれな入りに力を発揮するので、この舞台設定、不良馬場でも力を出し切ってくれるのではないかと思います。

 対抗は、この不良馬場を考慮してサトノクラウン
 休み明けも問題のないタイプですし、なんと言ってもこの不良馬場、しかも 2000m くらいがベストディスタンスだと思っているので、ぶっつけでなければ本命に推したいくらいです。

 問題のキタサンブラックですが、どうも道悪があまり良くないのではないかと思っています。今年の宝塚記念、昨年の宝塚記念と道悪だといまいち踏ん張りきれないイメージがあって、それが極端にでたのが今年の宝塚記念ではないかと…と言うことで評価を落とします。

◎ ヤマカツエース
○ サトノクラウン
▲ ステファノス
△ キタサンブラック
△ リアルスティール
× ミッキーロケット
× グレーターロンドン

あとはレインボーラインをどうしようかと考えています。

 基本、道悪に難のあるサトノアラジン、ソウルスターリングや、外枠の馬は評価を落とした結果、こうなりました。あとは直前の馬場状態と、パドックで最終確認して挑みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問題はキタサンブラック

 菊花賞は、いろんな意味ですごいレースでした。
 内は全ての馬が避けて通るほど水が浮いていて、3000m と言う距離への適性と言うより、あの極悪馬場への適性が全てだったように思います。それでも勝ちきったキセキは強い!それだけが残った菊花賞でした orz

 今秋の天皇賞は役者が揃ってまともな予想ができそうな気がします (^^;A

 問題は雨と、やはりキタサンブラックがどうなのか?と言うところが問題でしょう。あの宝塚記念の敗因は、疲れだったのか、雨だったのか…それとも。。。
 と考えると、パンパンの良馬場にならない前提だと、道悪の鬼 サトノクラウンが気になるところですが、両頭とも休み明けなんですよぇ…

 休み明け以外だと毎日王冠を完勝したリアルスティールが気になるとは思うんですが、根本当てにならない馬で、かつ乗り変わり…結局、これといった軸が見当たらず、やっぱり問題はキタサンブラックか…この思考のループから脱出すべく検討を続けております (_ _;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞 [2017 JRA GI RACE XX]

 皐月賞馬 アルアインがいる上で、この発言は気が引けますが、本命不在と言っていい今年の菊花賞。
 しかも、関西は雨。すでに馬場は重、今日は朝から「不良」発表で、台風が近づいてきているので、雨はおそらく止むことは無く、朝からレースが行われれば、かつて無いほどの不良馬場になる可能性があります。

 内枠の有利不利、馬場適性、血統などを考えてみましたが、もうここまで来ると確固たる論理で予想を組み立てることは不可能かと思います。

 こうなると、鞍上の手腕を最優先に考えます。

 本命はダンビュライト
 もちろん武 豊騎手の手腕には期待できますし、血統的にも不良馬場で GII を二勝したルーラーシップの産駒、かつまたこの馬も不良馬場の新馬戦を完勝しており、勝ちきれない側面はありますが、不可解な惨敗をしたのは 2 歳時の朝日杯フューチュリティーステークスだけ。どんな条件でも相手なりにそれなりの走りをするので、直線用意ドンには絶対にならないような気がするので本命に推します。

 対抗はミッキースワロー
 前走、セントライト記念の末脚があまりに強烈だったのですが、前につけられる脚もあり、今の勢いと鞍上は横山 典弘騎手と言うことで、この最悪の状況化でも、何でもできそうな不気味さを買います。

 穴は…と思ったのですが、この馬場状態では上記に、アルアインキセキを加えると、他は何が来ても穴だと思いますので、あえてあげず、内枠で先行できるウインガナドルトリコロールブルー に注目するとだけ言っておきます

◎ ダンビュライト
○ ミッキースワロー
△ アルアイン
△ キセキ
× トリコロールブルー
× ウインガナドル

 発走前に、馬場状態の確認とパドックをしっかり見て、マイスタイルサトノクロニクルも気にはなっていますが、手を広げずに当てに行こうと思っているので、ひとまず馬連か三連複 BOX とかくらいまで絞り込みたいと思っています。あとは…あとは祈るのみです (^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皐月賞馬 アルアインは淀の 3000m を制することはできるのか?

 先週の秋華賞、レース直前に雨脚が強まり、馬場が悪化、この時点でいやな予感はしていました。
 パドックで、クイーンステークスでは馬体に余裕のあった本命 アエロリットの馬体重は -10kg 、対して、ある程度は荒れるだろうと思っていた馬場を考慮して評価を上げたディアドラの馬体重は +12kg …さらにいやな予感は増しました。
 そして結果、泥だらけになりながら外から脚を伸ばしたディアドラが、力でねじ伏せるような競馬で戴冠。本命にしたアエロリットは 7 着に沈み、完全に読み違えました orz

 難しかったです>秋華賞

 そして今秋の菊花賞はさらに難しい。ダービー馬 レイデオロは神戸新聞杯を圧勝してジャパンカップへ、皐月賞馬 アルアインだけが菊花賞に駒を進めてきました。
 昨年、サトノダイヤモンドが勝ちましたが、ディープインパクト産駒は 2400m を超える距離になると急に戦績が悪くなるイメージがあります。前走セントライト記念も負けてなお強しの内容ではありましたが、あれを見て菊花賞はアルアインで…とはならないレースでした。

 かといって、血統を見れば実績がない、実績を見れば血統が不安というメンバー構成の中、これまでどんな条件、どんな相手でもそれなりの成績を収めてきたダンビュライトが、武 豊 騎手鞍上で、内枠を引けば…と思っていたのですが、枠順が発表されると 7 枠。
 血統面から時点に考えていたマイスタイルは 8 枠。。。今、もう一度考える方向性からねり直しています o...rz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋華賞 [2017 JRA GI RACE XIX]

 関西は雨です。すでに京都は、雨で稍重発表。これ以上、馬場がよくなることはないでしょう。

 末脚を伸ばすタイプに注目馬が揃っておるので迷っていましたが、前へいく馬を優先したいと思います。

 本命はアエロリット
 テンションと関東からの輸送というのが気になりましたが、前へ行って脚を伸ばせ、かつこの雨ならかっかすることもないでしょう。稍重の桜花賞でもいいところを見せましたし、父 クロフネなら多少の馬場の悪化はこなせそうな気がします。

 対抗はディアドラ
 あまり高く評価していなかったのですが、この天候と馬場で方針変更。外からでも確実に脚を伸ばせ、鞍上もソウルスターリングが天皇賞へ回ったことで開いた C. ルメール騎手なら期待できます。

 穴はカワキタエンカ
 正直、ファンディーナがどう出てくるかで展開は変わると思うのですが、ハナは主張するでしょう。枠順もちょうど真ん中で、外のファンディーナ、内のアエロリットをうかがえるので、雨でペースが緩めば、距離もごまかしきれるかと…

◎ アエロリット
○ ディアドラ
▲ カワキタエンカ
△ ラビットラン
△ リスグラシュー
× ファンディーナ
×リカビトス

最後の一頭は、リカビトスモズカッチャンレーヌミノルで迷っています。が、レーヌミノルはパドックでよほどよく見えない限りは切るつもりですし、リカビトスは初の輸送もあるので、馬体重次第…まあ実際、レース直前の馬場状態も勘案して入れ替えするつもりですが、上位 5 頭は間違いなく押さえるつもりです。

さぁ中継見て、パドックと馬場状態で馬券戦略も…発走までに考えます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アエロリットは大丈夫か?

 夏の上り馬にも注目が集まっていましたが、実績組がやはり強いだろうと思っていましたが、レッドファルクスが昨年を思い起こさせる上がり 3F 33.0 秒の脚で差し切り勝ち。またもや必殺のタイミングで抜け出したレッツゴードンキはクビ差、届きませんでした。
 そして紐穴で痛い目に遭いそうな気がすると言って、案の定の来たワンスインナムーン…考えなく無かったんですよねぇ…ある意味予想通りの負けでした>スプリンターズステークス orz

 そして今秋は秋華賞。オークス馬 ソウルスターリングが天皇賞(秋)に回ったことで難しくなるなぁ…とは思っていましたが、まさか春の実績組が、ここまで前哨戦で完敗するとは…紫苑ステークスを勝ったディアドラは実績馬と言えなくはないですが、ローズステークスはラビットランの末脚に実績馬が完敗。
 正直ファンディーナに期待していましたが、約 4 馬身差の 6 着…休み明けで +22kg だったとは言え、激変を期待するのはひいき目と言わざるえません。

 となると、同世代の牡馬相手に NHK マイルカップを勝ち、クイーンステークスで牝馬相手とは言え、古馬にも完勝。今回も最内を引き、これで遠征でなければなぁ…

 正直そう言うことで軸に迷ってます。ただそんなに手を広げる必要あるかなぁ…とも思いながら、明日の発送までに答えを出します (_ _;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプリンターズステークス [2017 JRA GI RACE XIII]

 今年の春の高松宮記念は、馬場の状態もあり、時計的には飛び抜けたものではありませんでしたが、それでもレベルの高いレースだったと思います。実績組ではこの三頭を中心視したいところですが、その上位三頭がそろって休み明け。
 それでも、レッドファルクスは休み明けでも安定してますし、セイウンコウセイは間隔を開けながら使って来られた馬なので、さほど問題は無いかと。

 これらに対して、明日は良馬場が望めそうでし、馬場が渋らなければ高松宮記念で本命に推そうかと思っていたメラグラーナを加えて、今こういう優先順位をつけています。

◎ レッドファルクス
○ セイウンコウセイ
▲ メラグラーナ
△ レッツゴードンキ
△ ダイアナヘイロー
× ダンスディレクター

 本命はレッドファルクス。休み明けでも必ず脚を使う馬ですし、今回のメンバーでは実績だけではなく、実力も一枚上でしょう。軸に置くならば…と考えるとこの馬になりました。

 対抗のセイウンコウセイは、函館スプリントで負けて評価を落としていますが、前に言って完全に目標にされた感じで、洋芝もあわなかったのかもしれません。今回は人気も落として、再び自分の競馬に徹してくると…

 ダンスディレクターの方が人気してくれているので、後ろからくる馬で狙うなら、セントウルステークスで上がり 3F 最速を記録したメラグラーナを取ります。今回は得意の中山。しかも良馬場望めます。狙うならこっちでしょう。

 あとは逃げるかはわかりませんが、内で粘られると怖いレッツゴードンキ と、上り馬の中で取るなら 4 連勝の勢いを買ってダイナヘイローでしょう。ファインニードルは好位につけられたときと、そうでないときの戦績差が激しく、ダイアナヘイローの次に取るならラインミーティアかなぁ…

 最後に昨年一番人気で惨敗したビッグアーサーですが、あの追い切りを見ては強く推せません。馬体重と明日のパドックで激変を感じない限りはちょっと手が出しにくい感じです。

 問題は馬券の買い方…色気を出して三連複で狙うと紐穴で痛い目に遭いそうな気がする…その点も含めて、まだまだ発走まで検討を重ねます (_ _;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »