« 2017年11月 | トップページ

ホープフルステークス [2017 JRA GI LAST RACE]

 公開された調教映像がどれもいまいちで、参考にならないものが多かったのですが、それでもジャンダルム の動きはただ者ではないと思います。ただ、まだ 1600m までしか走ったことがなく、中山 2000m というと器用さも要求されるので、本命にはしづらいです。

 ただなにせ 2 歳戦、経験は非常に重要ですが、なにより長距離輸送がないというのは、この時期の 2 歳馬には重要なファクタだと思っており、そこへ行くとルーカスは申し分なく、これを本命に、対抗に輸送のあるタイムフラヤー、穴で 1 勝馬ですが、前走 1 番人気で極悪馬場に足を取られて惨敗、人気を落としているフラットレーを狙ってみようかと思います。

◎ ルーカス
○ タイムフライヤー
▲ フラットレー
△ ステイフーリッシュ
△ ジャンダルム
× シャルルマーニュ
× ジュンヴァルロ

 1 勝馬でもステイフーリッシュの調教の動きはよく見えたのですが、この馬も輸送があり、フラットレーと迷って、評価を少し落としました。
 2 歳戦なので、特にパドックは気をつけてみるつもりで、もしここにあげた異常があれば、ナスノシンフォニーウォーターパルフェを馬券に組み入れようかと思っています。
 今年ラスト、なんとか…こうにか…獲っていい年を迎えたいです (T^T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンダルム陣営の選択は果たして…

 行ければ行くだろうと思っていたキタサンブラックが作るペースは決して早くならない。だからスタミナが求められる展開にはならずに、直線の短い中山で長くいい脚を使うタイプには不利。一瞬の切れ味を求められる展開には牝馬の方が…とまで言っていて、直前にサクラアンプルールの馬体重増に嫌気がして、パドックで気配の良かったシュヴァルグランを対抗にまであげたのに…なぜ牝馬でクイーンズリングだけ買わなかった!?>おれ orz

 今年を象徴する口惜しすぎる落とし方をしました有馬記念…

 ただ今年はまだホープフルステークスがある!…って、完全にダメな人の発想 w のような気がしますが、最後ですし当てておきたい。かつ、来年に向けて馬を見る目を養っておきたい。 2 歳戦ですし…

 注目馬の一頭 デイリー杯の覇者 ジャンダルムですが、母 ビリーヴという超良血ですが、まだ長い距離で目立った勝ちのない血筋でもあります。なぜ朝日杯に行かなかったのか?
 先般のダノンプレミアムのあの強さを見ると、直接対決を避けたと言う考え方もありますが、距離がもつと陣営は判断しているのか?間違いなく切れ味は一級品でしょう。この結果次第で、来年のクラシック路線の勢力図も変わってくるような気がします。

 ワグネリアン VS ダノンプレミアム…大方の来年のクラシックの予想はこれだろうとは、今のところ、思いますが、まだ年も明けてません。この二頭に割っては入れる馬はいるのか?ホープフルステークス、注目の一戦です。
 ひとまずジャンダルムを本命にすることは今のところ考えていません (^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念 [2017 JRA GI RACE XXVIII]

 キタサンブラックが落ちるか落ちないかを考えていると、予想がまとまらないので、複勝圏を外さない事を前提にすることにしました。
 昨年 2 着、一昨年 3 着ですから、勝ちきる勝ちきらないは別にして、雨でもないですし、複勝圏は外すことはないとします。

 問題はおそらく 2 番人気、 3 番人気になるであろうスワーヴリチャードと、シュヴァルグランの取捨選択。
 どうも皐月賞の印象と、ぎこちない調教での走りを見て、右回りでパフォーマンスがダウンしそうなスワーヴリチャードと、ジャパンカップを勝ちきったとは言え、去年の有馬記念で結果を出せなかったシュヴァルグラン。
 どちらも足をすくわれそうな気がしてなりません。

 対して、キタサンブラックは絶好の 1 枠ですし、他に行く馬もいないので行ければ行くでしょうが、ペースは必要以上に上がらないと思います。そうなると直線、一瞬の切れ味勝負か、内でじっとしていられる方が優位で、長くいい脚を使うタイプには非常に不利な展開になるのでは…

 こういう予想のもと…

◎ キタサンブラック
○ サクラアンプルール
▲ ルージュバック
△ シュヴァルグラン
△ スワーヴリチャード
× ヤマカツエース
× ブレスジャーニー

 これらにミッキークイーンと荒れた馬場を想定してサトノクラウンを加えるかどうか…勝負に出ます。
 一瞬の切れ味となると、牝馬の切れ味が優位に働きそうな気がします。その中で長くいい脚を使うミッキークイーンより、一瞬でトップギアに入るルージュバックの方を上に見ました。
 サクラアンプルールはハマると札幌記念のような脚を使う馬で、かつ落ち着いて淡々と流れるであろうと想定すると、今回はスタミナを問われるようなレースにならない、従って 2000m までしか距離経験がなくてもひょっとすると…同じ理由で最内に入ったヤマカツエースも狙っています。

 無論、パドックを見て馬場状態を見て最終判断します。今年はこのあとホープフルステークスもありますが、「有馬良ければ全てよし」、ここは勝って締めたい!…と言うことで、じっくり発走前まで考えます。

 ご覧いただいている皆さんも Good Luck です (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キタサンブラックは今度こそ勝ちきり有終の美を飾れるのか?

 ダノンプレミアム、抜けているかも…と思っていましたが、まさかあれほど強いとは…道中きっちり折り合い、抜け出すときの反応も上々、二歳の現時点で完成度は高いだろうとは思っていましたが、タワーオブロンドンが馬群を抜けるのに苦労したこともあってか、最後の直線は突き放す一方。
 ダノンプレミアムの強さ、そしての二着のステルヴィオの末脚も、来年の春までしっかり覚えておきます。。。がちがちの決着でしたので獲りましたがもちろん損です orz

20171217


 さて、今週は、今年のオーラス…ではなくなりましたが、間違いなくクライマックスとなる有馬記念です。

 キタサンブラックか? 1 枠 2 番という絶好枠も引きましたし、惨敗するシーンはちょっと想像しがたいです。が、これが三度目の正直となるか、それとも二度あることは三度あるになるか…
 ただ、秋、あの天皇賞の有無を言わさぬねじ伏せるような勝ち方に比べ、ジャパンカップのあの負け方…年齢を重ねて本来の距離適性が強く出始めているのか…そんな気がしなくもありません。

 しかし、そのキタサンブラックを負かせる馬が果たしているのか?…シュヴァルグランの覚醒は本物か?ここが焦点と思い、今、検討を重ねております…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日杯フューチュリティーステークス [2017 JRA GI RACE XXVII]

 ざっと前哨戦を見る限り、やはりダノンプレミアムが強いように思います。前哨戦のサウジアラビアロイヤルカップもすっと抜け出し、大外からステルヴィオがすごい脚で伸びてきましたが、どこ吹く風。今回は阪神、輸送もなければ、1800m の新馬戦を勝ってる馬です。最内枠を引いたこと以外外に盲点らしい盲点が見つけられません。
 そのサウジアラビア RC 組 VS 京王杯 2 歳ステークス組、タワーオブロンドンカシアス に、もみじステークスを快勝したダノンスマッシュあたりとの力比べが軸かと…

◎ ダノンプレミアム
○ ステルヴィオ
▲ フロンティア
△ タワーオブロンドン
△ ダノンスマッシュ
× カシアス
× ダブルシャープ

 あと手が回らなかったところでは、ケイアイノーテック も気になっています。
 基本、サウジアラビア RC 組を上位に見て、どこまで京王杯組が食い込めるかと思っていますが、別路線組では新潟チャンピオン フロンティアは前走 デイリー杯ではぐだぐだのレースだったので、今回は内枠に入り、マークも薄いので腹をくくっていけるでしょう。ダブルシャープも、タワーオブロンドンを破っている馬ですし、前走は窮屈になる場面もあり、初めての左回りだったと言うこともあるので見直します。

 二歳戦ですから、ダノンプレミアム以外はそんなに力の差があるようにも思えません。が、そんな荒れる気もしていません。ヒモ穴注意くらいで、有馬前にもうちょっと軍資金を積んでおきたい所存です (^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

注目は当然、ダノンプレミアム!

 やはりというか、2 歳の牝馬にはいくら強いとは言え、まだ越えられないハードルであったのか?それでも勝ったラッキーライラックのあの完成度では、ベストの状態でもいい勝負だったと思います>ロックディスタウン
 逆にこれがロックディスタウンの実力だとは思いませんし、これから春に向けて楽しみな牝馬が増えてわくわくしております。見せて欲しいです!桜の舞台でオルフェーブル産駒の頂上決戦 (^^)b
 ロックディスタウンが落ちた事以外は順当な結果でしたので、もちろん獲らせていただきました。今頃になって堅実に… orz

20171210_2

 いや!前に進むことが大事、今週も朝日杯フューチュリティーステークス、攻めていきたいと思います!

 ここの注目はダノンプレミアムでしょう。新馬、サウジアラビアロイヤルカップと二戦見ましたが、どう見てもまだ底を見せていません。前につけて、すっと抜けられるセンスも脅威ですし、余裕を持って 3F 34 秒台の脚で上がるのも脅威。阪神に移って 2 年目で、この馬は栗東所属。隙らしい隙が見当たりません。

 去年は波乱がありましたが、今年は素直にこの馬からか…と思いつつ、紐で荒れる傾向が強いこのレース、慎重にかつ大胆に、有馬を前に軍資金を積み上げたいと思います!\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神ジュベナイルフィリーズ [2017 JRA GI RACE XXVI]

 ロックディスタウンは新馬戦で見せた切れ味、札幌二歳ステークスで見せたねじ伏せる勝負根性、現時点で能力上位というのはわかりますが、やはり長距離輸送、大外枠、そして何より調教であまりよく見えなかったのが気になります。
 同じオルフェーブルの産駒で、アルテミスステークスを勝ったラッキーライラックは、何に勝ったという言うわけではないですが、勝ちタイムが優秀で、完成度では、こちらが上のように思います。
 あと卒の無い競馬で、こちらも前走 白菊ステークスで完成度の高さを見せつけたリリーノーブル、この三頭が、能力的には上位と判断しました。

◎ ラッキーライラック
○ ロックディスタウン
▲ リリーノーブル
△ コーディエライト
△ マウレア
× サヤカチャン
×ソシアルクラブ

 阪神もまだ開催変わりの 2 週目、有力三頭は極端な競馬をするタイプではありませんし、平均ペース以下で流れたときの前残りを意識して狙ってみました。
 マウレアも、ソシアルクラブも血統的に気になるのですが、いかんせん、持ちタイムがたいしたことなく、それと比較すると、コーディエライトはかなり厳しいペースのレースを経験しており、それでいてまだ複勝圏を外したことがないという点を高く評価しました。
 あと手が回らなかったのは、ナディアノーブルアースなのですが、外枠を嫌いました。パドックを見て、先に上げた馬に異常が見られるようであれば、入れ替え候補として考えます。

 毎年、硬く決まりそうで決まらない二歳戦…ここでなんとか大きいのを…と思う半面、上位三頭はレベルが一つ違う気がするなぁ…とにかく当てたいです! (^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロックディスタウンに敬意を払って…

 ここ数年、中央での成績がよくなかったコパノリッキーが、きれいにスタートを決めたときにいやな予感は始まりました。それをがっちりマークしてギリギリで折り合ったテイエムジンソク。それでも上がらないペース。どんどんいやな予感が大きくなって、案の定、本命視したサウンドトゥルーは飛んでこず…代わりに飛んできたのはゴールドドリーム、目の覚めるような末脚でした。やはり、広い中央向きだったんですねぇ…フェブラリーステークスまで忘れないようにしたいです orz

 さて、今週は二歳戦、まずは牝馬戦となる阪神ジュベナイルフィリーズ。
 あの札幌二歳ステークスを見せられて、オルフェーブル産駒 ロックディスタウン。デビューから男馬相手に 1800m 線を連勝。末脚もしっかり、ねじ伏せるだけの勝負根性もある。敬意は払いたいと思いますが…あまりいい予感がしません。
 その札幌二歳 S から直行で休み明け、二歳牝馬で長距離輸送、おまけに枠は大外枠。。。これで勝ったら、来年の主役は確定でしょう。ですから、本命にはしません。
 と言うことで、今探してます。このロックディスタウンを負かせる馬を… (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンピオンズカップ [2017 JRA GI RACE XXV]

 チャンピオンズカップは、JRA で行われる前哨戦より、JBC クラシック組が活躍する傾向が最近とみにあり、今年も JBC クラシックを勝ちきり、連覇を狙うサウンドトゥルーや、同レース 2 着のケイティブレイブ、4 着で今年は昨年のチャンピオンズカップ 4 着の雪辱を期すアウォーディーとダートのトップクラスが顔を揃えます。
 対して、前哨戦みやこステークスを圧勝したテイエムジンソクはオープンになって 4 連対中で、この中で馬に唯一、土をつけたロンドンタウンが、先に名をあげたトップクラスのダート馬とどれほどの力量差があるか…ここが焦点だと思います。

 いきなりですが、結論いきます!

◎ サウンドトゥルー
○ ロンドンタウン
▲ ケイティブレイブ
△ テイエムジンソク
△ アウォーディー
× ゴールドドリーム
× カフジテイク

 後ろから追っかける馬なので、戦績は安定しませんが、それでも直線が短いことの多い地方で、ある程度以上の戦績を残し、しかも、今度は中央の広い、直線の長い中京。昨年のように鮮やかにとはいかないまでも、勝ち負けには加わってきそうな気がします。本命 サウンドトゥルーでいいでしょう。

 そして、JBC 組以外では、やはりロンドンタウン
 正直、みやこ S 組はテイエムジンソク以外は用がないと思っています。あのレースで何に勝ったと言われると疑問が残りますが、ただあれだけの圧勝をした価値は認めざる得ません。しかし、そのテイエムジンソクに勝ったロンドンタウンは遠征帰りとは言え、コリアカップを圧勝し、十分に時間をおいてここを狙って、しかも枠もテイエムより内。問題は JBC 組との実力差だけと考え、対抗。

 JBC 組で一番脚質にあった好枠を引いた気がするケイティブレイブが穴。

 アウォーディーはどうだろう。。。去年も道中ヒヤヒヤして、かつゴール前で差しきられましたから、7 歳となった今、外枠からだと競馬が難しいように思います。

 あとゴールドドリームはずいぶん軽んじられているように思うのですが、調教の動きも良かったし、帝王賞、南部杯と連敗してますが、この馬の場合、小回りで直線の短い地方で勝ちきるイメージがないんですよねぇ…中央でこそ。そんな気がします。

 上記で挙げなかった馬で気になるところは、グレンツェントノンコノユメアポロケンタッキーは外枠を嫌い、また調教もよく見えなかったので、評価を落としました。

 雨もなさそうですし、極端に上がりが早くなることもなさそうに思います。あとはパドックを見て、買い方次第ですが、どこまで手を伸ばすか、じっくり考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テイエムジンソクをどう見るか?

 秋の GI やっと当たりました…獲って損ですが… orz

20171126

 最後の直線先に抜けたキタサンブラックに、唯一、詰めてきたシュヴァルグラン。それでも一気にと言う脚色ではなかったので、並べばキタサンブラックが差し返すかと思ったら、あっさりシュヴァルグラン画家わし、キタサンブラックは後ろから猛追してきたレイデオロにまで交わされ 3 着。シュヴァルグランはジャパンカップという最高峰のレースで、悲願の GI 初制覇。レイデオロも今年の 3 歳のレベルの高さを知らしめました。意外だったキタサンブラックは落鉄していたそうで、これも競馬と言わざる得ず、レース的には非常に手に汗握る素晴らしいジャパンカップでした…当たったし (^^)

 さて、気をよくして、今週のチャンピオンズカップ!

 毎年、JBC クラシック組が強く、今年も JBC クラシックを勝ち、チャンピオンズカップ連覇を狙うサウンドトゥルーや、その二着ケイティブレイブ、そして昨年このレース 2 着の雪辱を期すアウォーディなど、メンバーは揃っていますが、ダート戦線は大レースごとにコロコロと勝ち馬が変わり難しい…と思いましたが、逆に上位陣は結構同じなので、上位馬の実力が拮抗しているとみるのでしょう。

 その中で上位馬と未だ直接対決が少ない馬、特にテイエムジンソクとこの上位陣との力関係をどう見るか?…これをキーとして、今、思考を進めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ