« 有馬記念 [2017 JRA GI RACE XXVIII] | トップページ | ホープフルステークス [2017 JRA GI LAST RACE] »

ジャンダルム陣営の選択は果たして…

 行ければ行くだろうと思っていたキタサンブラックが作るペースは決して早くならない。だからスタミナが求められる展開にはならずに、直線の短い中山で長くいい脚を使うタイプには不利。一瞬の切れ味を求められる展開には牝馬の方が…とまで言っていて、直前にサクラアンプルールの馬体重増に嫌気がして、パドックで気配の良かったシュヴァルグランを対抗にまであげたのに…なぜ牝馬でクイーンズリングだけ買わなかった!?>おれ orz

 今年を象徴する口惜しすぎる落とし方をしました有馬記念…

 ただ今年はまだホープフルステークスがある!…って、完全にダメな人の発想 w のような気がしますが、最後ですし当てておきたい。かつ、来年に向けて馬を見る目を養っておきたい。 2 歳戦ですし…

 注目馬の一頭 デイリー杯の覇者 ジャンダルムですが、母 ビリーヴという超良血ですが、まだ長い距離で目立った勝ちのない血筋でもあります。なぜ朝日杯に行かなかったのか?
 先般のダノンプレミアムのあの強さを見ると、直接対決を避けたと言う考え方もありますが、距離がもつと陣営は判断しているのか?間違いなく切れ味は一級品でしょう。この結果次第で、来年のクラシック路線の勢力図も変わってくるような気がします。

 ワグネリアン VS ダノンプレミアム…大方の来年のクラシックの予想はこれだろうとは、今のところ、思いますが、まだ年も明けてません。この二頭に割っては入れる馬はいるのか?ホープフルステークス、注目の一戦です。
 ひとまずジャンダルムを本命にすることは今のところ考えていません (^^;A

|

« 有馬記念 [2017 JRA GI RACE XXVIII] | トップページ | ホープフルステークス [2017 JRA GI LAST RACE] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/66203720

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンダルム陣営の選択は果たして…:

« 有馬記念 [2017 JRA GI RACE XXVIII] | トップページ | ホープフルステークス [2017 JRA GI LAST RACE] »