« まだまだレッドファルクスは強い! | トップページ | やっぱり強いのはアルアインのような気がする… »

2018 年 JRA GI 第 2 戦「高松宮記念」

 前哨戦を見る限り、一番レベルの高かったように思うのは阪急杯で、勝てはしませんでしたが、レッドファルクスは、年齢的な面もあるでしょうし、多少ズブさが出てきたようにも思いますが、まだまだ GI で勝ち負けできるレベルの力は維持しているとみましたし、今回は M. デムーロ騎手に手綱が戻り、叩き二走目。素直にこれを軸に考えた方が良さそうに思うので、これを本命にします。

 対抗はこちらも去年からの力落ちが見られないレッツゴードンキ。ダート戦ではありますが左回りで直線も長い東京の GI フェブラリーステークスを叩いてきたと思います。対抗でいいでしょう。

 穴は香港馬ブリザード。勝ちきるまではどうかと思いますが、スプリント王国香港でもトップクラスの実力馬。去年のスプリンターズステークスでも日本の馬場への適性を証明していますし、問題は初の左回りだけかと思います。内に入って経済コースを走れば、あっと驚くシーンを作る力はあるかと思います。

◎ レッドファルクス
○ レッツゴードンキ
▲ ブリザード
△ ファインニードル
△ セイウンコウセイ
× レーヌミノル
× シャイニングレイ

 上位陣は多少の馬場状態に左右されない力を持っていますので、個人的には硬く決まりそうな気がして、ひょっとすると × 以下は買わずに点数を絞るか…とも考えています。馬券戦略はこれからよく考えます。

 とにかく、まずは今年初勝利を目指して、発走ギリギリまでよく考えたいと思います

|

« まだまだレッドファルクスは強い! | トップページ | やっぱり強いのはアルアインのような気がする… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/66534178

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 年 JRA GI 第 2 戦「高松宮記念」:

« まだまだレッドファルクスは強い! | トップページ | やっぱり強いのはアルアインのような気がする… »