« それでもワグネリアンが抜けている | トップページ

2018 年 JRA GI 第 5 戦「皐月賞」

 無敗の二歳王者 ダノンプレミアムの回避で混戦と言われていますが、最小差まで詰めたしかも初の中山、休み明け、決して向いているとは思えない小回りの中山 2000m…それでもあれだけ差を詰めて、今回は休み明け二走目、かつ中山も二回目。枠も悪くないし、後ろからしか行けない馬でもない。ワグネリアンが頭一つ抜けていると思います。本命で。

 逆に 1800m であの脚で追い上げて、突き抜けるかと思ったら最後あの差。この馬も二走目ですが、枠も外枠。多頭数で、明日は良馬場も期待薄と考えると、ステルヴィオに重い印は打てません。

 前でかつ立ち回りのうまい馬…距離適性を考えて対抗はオウケンムーンにすることにしました。共同通信杯は折り合い、末脚と卒の無い競馬で、かつ中山でも 500 万下を勝っており、人気の盲点的になっているところにも妙味を感じます。

 穴は人気してますがキタノコマンドール
 何に勝ったというわけでもないですが、すみれステークスのあのタイム、そして最終コーナから上がっていくときのあの加速力、並の馬ではない気がしてなりません。

◎ ワグネリアン
○ オウケンムーン
▲ キタノコマンドール
△ ジャンダルム
△ タイムフライヤー
× ステルヴィオ
× グレイル

 グレイルタイムフライヤーにも勝ってますし、共同通信杯はスタートが今ひとつでペース的に動けず直線用意ドンであの位置では…あれがjこの馬の実力とはどうしても思えないんですよねぇ…
 あともう一頭あげるならアイトーンなんですが、一応この馬の若葉ステークスの勝ちタイムが、今回のメンバーでは No.1 なんです。裏を返すと、だからタイムフライヤーが勝てなかったとも…

 明日の馬場状態も気になるところで、パドックの気配を見て、上記で印を打った馬+アイトーンくらいで、馬券を考えてみようと思っています。ここは三連勝、しておきたいなぁ…

|

« それでもワグネリアンが抜けている | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/66611274

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 年 JRA GI 第 5 戦「皐月賞」:

« それでもワグネリアンが抜けている | トップページ