« シュヴァルグランでほんとにいいのか? | トップページ | 波乱を起こすならロックディスタウン?! »

2018 年 JRA GI 第 6 戦「天皇賞(春)」

 実績を考えると、今回、春の天皇賞出走馬の中で唯一の GI 馬シュヴァルグランを中心に考えるのが妥当等は思いますが、いくら 2000m が忙しすぎたとはいえ、あれは負けすぎ。ただし、ジャパンカップを勝ったときの鞍上 H. ボウマン騎手が帰ってくること、今度は得意の長距離ということで評価は上げますが、本間今ではちょっと…

 となってくると、ここは大阪杯も席巻した四歳勢か…クリンチャーは乗り変わりが引っかかります。また菊花賞のときは「超」のつく特殊な不良馬場、あれで距離適性と言われても疑問ですし、同世代のクラシックホース相手に京都記念を勝っていますが、あのときも重馬場。正直、良馬場でスピードを求められる展開になるとどこまで通用するのか?疑問です。
 残る四歳勢は、阪神大賞典 2 着のサトノクロニクルと、日経賞 2 着のチェスナットコート。どちらも奇しくもハーツクライ産駒。ハーツクライ産駒を長距離血統と呼ぶのにも疑問を感じますが、前走上がり 3F 36.0 で後ろからレインボーラインに差し切られており、今ひとつ距離に不安を感じます。消去法で本命はチェスナットコートかなぁ…有力馬が外枠や、差してくる馬が多い中、内枠に入り、さらに日経賞を勝ったガンコは前々で折り合える、波乱を起こすなら日経賞組かなぁと考えています。

◎ チェスナットコート
○ シュヴァルグラン
▲ ガンコ
△ アルバート
△ レインボーライン
× クリンチャー
× サトノクロニクル

あとはミッキーロケットですか…これは当日パドックを見て、先に挙げた馬に異常を感じれば入れ替える候補に考えます。

実は問題は馬券戦略だと思っていて、三連複軸一頭でいくか、今回は馬連で絞ろうかと悩んでいます。荒れると踏むんだったらチェスナットコートからなんでしょうけど…そこまでまだ思い切れてません。。。ので発走まで、じっくり考えて皐月賞で変わりそうな風向きを元に戻したいと思ってます。

|

« シュヴァルグランでほんとにいいのか? | トップページ | 波乱を起こすならロックディスタウン?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/66661384

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 年 JRA GI 第 6 戦「天皇賞(春)」:

« シュヴァルグランでほんとにいいのか? | トップページ | 波乱を起こすならロックディスタウン?! »