« 2018 年 JRA GI 第 4 戦「桜花賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 5 戦「皐月賞」 »

それでもワグネリアンが抜けている

 三連複一番人気を押さえて、かつ獲って損では自慢にもならないですが、桜花賞は獲りました。

201804081

201804082

 戦前から、シンザン記念ぶりで勝てれば化け物と思っていましたが、アーモンドアイは見紛うことなき怪物でした。ラッキーライラックを負かしたことはともかく、あの着差、あのタイム…正直あそこまで差があるとは思っていませんでした。
 このアーモンドアイが、次走、どこへ向かうのか…NHK マイルだったら、メンバー的に楽勝してもおかしくはないでしょうが…オークス、いや、ダービー?!…今後が注目です。

 さて、今週は皐月賞。こちらも大本命、ダノンプレミアムが…回避 orz

 一転、混戦と言われていますが、そうは思いません。
 あの小頭数の弥生賞でダノンプレミアムに迫ったワグネリアンが二走目、絶対変わってくると思っているからです。
 同じ脚質でスプリングステークスを勝ったステルヴィオも人気しそうですが、これはワグネリアンよりさらに後ろからいく馬、切れ味比べでワグネリアンに前でスパートされたら、ちょっと分が悪そう。
 ごちゃつくならコース取りの差で逆転もありそうですが、共同通信杯を勝ったオウケンムーンもいますし、隊列はある程度長くなるんではないかと思います。
 そうなってくると、皐月賞も堅いか?…そう思わざるえません。

|

« 2018 年 JRA GI 第 4 戦「桜花賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 5 戦「皐月賞」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/66604102

この記事へのトラックバック一覧です: それでもワグネリアンが抜けている:

« 2018 年 JRA GI 第 4 戦「桜花賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 5 戦「皐月賞」 »