« 2018 年 JRA GI 第 5 戦「皐月賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 6 戦「天皇賞(春)」 »

シュヴァルグランでほんとにいいのか?

 堅いと思っていただけに、皐月賞はまさかの結果でした。
 微妙な馬場状態と天候、前が放してとばす縦長で、有力差し馬が後方で互いを警戒する展開…最終コーナーを回ってきたときはイヤな予感しかしませんでした。
 飛び出してきたのは、なんと 8 番人気のエポカドーロ。二着のサンリヴァルにしろ、三着のジェネラーレウーノにしろ、まったくノーマークの馬、三頭での決着…完敗でした。

 この結果を踏まえた話は、ダービーのときにするにして、今週の春の天皇賞です。

 もともと前年覇者 キタサンブラックが引退した時点で、今年の天皇賞(春)は難しいと思っていました。もちろん、昨年のジャパンカップを勝ったシュヴァルグランが出てくるだろうことを踏まえてもです。

 実績と舞台を考えても有力なことはわかりますが、前哨戦として選んだ大阪杯、いくら何でも負けすぎ。阪神大賞典を制したレインボーラインの勝ち方が鮮やかだっただけになおのことそう思います。

 ただこれらも含めて先入観は捨てて予想しようと思っています。
 トントンと勝って、いきなり惨敗、これで風向きが変わって奈落の底に…毎年のパターンなので、この天皇賞(春)は勝負所と考えています。

|

« 2018 年 JRA GI 第 5 戦「皐月賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 6 戦「天皇賞(春)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/66654460

この記事へのトラックバック一覧です: シュヴァルグランでほんとにいいのか?:

« 2018 年 JRA GI 第 5 戦「皐月賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 6 戦「天皇賞(春)」 »