« アーモンドアイか?ラッキーライラックか?それが問題です… | トップページ | やはりダノンプレミアムは無視できない。それと… »

2018 年 JRA GI 第 9 戦「優駿牝馬(オークス)」

 桜花賞あの位置から差し切った。しかも、普通の年なら勝っていたラッキーライラックを差し切ったのですから、アーモンドアイを本命にしないわけにはいかないでしょう。
 ロードカナロア産駒と言うことで血統面から距離不安を囁かれますが、この時期の牝馬に距離適性云々ということ自体が疑わしく、またロードカナロアもスプリンターとして名をあげましたが、実際に安田記念も勝っていますし、キングカメハメハの産駒と言うことで、2000m くらいまでなら GI でもいい勝負になったと思います。ましてや、母はオークス 2 着、エリザベス女王杯を勝ったフサイチパンドラ。
 さらに、前走 桜花賞はシンザン記念ぶりのレースで、今回上積みは間違いないところで関東馬、長距離輸送もありません。この時期の牝馬の能力比べなら、劣ることはないと思います。

 またラッキーライラックにしても、アーモンドアイがいなければ、あれだけのマークを受けて横綱相撲で完勝していたわけですし、こちらも折り合いに問題がないタイプで、しかもオルフェーブル産駒。対抗で問題はないでしょう。

 離れた三番手もリリーノーブルで問題ないと思います。

 桜花賞組は強い。本当に強い…そう思います。

◎ アーモンドアイ
○ ラッキーライラック
▲ リリーノーブル
△ サトノワルキューレ
△ マウレア
× ロサグラウカ

 桜花賞上位三頭の内、二頭以上飛ぶことは想定しません。一角を崩すなら、前走 驚異的な末脚でフローラステークスを勝ちきったサトノワルキューレ、競馬のうまさ、武 豊騎手のうまさが怖いマウレア、そして 2 戦 2 勝で牡馬相手に 2000m 超を勝っているロサグラウカまで。

 ここは絞って、なんとしてでもこの東京 GI 三連敗は避けたいと思います。

|

« アーモンドアイか?ラッキーライラックか?それが問題です… | トップページ | やはりダノンプレミアムは無視できない。それと… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/66739666

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 年 JRA GI 第 9 戦「優駿牝馬(オークス)」:

« アーモンドアイか?ラッキーライラックか?それが問題です… | トップページ | やはりダノンプレミアムは無視できない。それと… »