« 2018 年 JRA GI 第 8 戦「ヴィクトリアマイル」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 9 戦「優駿牝馬(オークス)」 »

アーモンドアイか?ラッキーライラックか?それが問題です…

 必殺とも思えるタイミングで抜け出したレッドアヴァンセを交わしたあのリスグラシューの脚はすごかったと思います。アエロリットも昨年の三歳マイル女王の意地は十分に見せましたし、折り合いを欠きながらミスパンテールもよく踏ん張ったと思います。ただ、ジュールポレールは予想してませんでした。どこからレッドアヴァンセを捉えに来たのかもわからず気がついたら、並んで交わして、追い込んできたリスグラシューも押さえ込んでしまいました。
 勝った馬だけを買ってないという…自分の馬の見る目がないことを思い知らされる結果となりました orz

 一から目を鍛え直すつもりで気分を切り替え、今週は三歳牝馬戦オークスです。

 正直、ここは堅いと思っています。
 桜花賞を勝ったアーモンドアイ、完勝であっても不思議はなかった競馬をした 2 着 ラッキーライラック、前二頭には完敗ではありましたが、しっかり 3 着を確保したリリーノーブルについては、能力的に他馬と比較して一枚以上上かと思います。この 3 頭でオークスが決まっても何の不思議も感じません。

 ただ、絶対はないのが競馬。
 もしこの三頭の一角を崩すなら…そういう視点でじっくり検討したいと思いますが、この時期の三歳、しかも牝馬戦。距離経験はあまり意味を成さないということだけは、肝に銘じておきたいと思います

|

« 2018 年 JRA GI 第 8 戦「ヴィクトリアマイル」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 9 戦「優駿牝馬(オークス)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/66734500

この記事へのトラックバック一覧です: アーモンドアイか?ラッキーライラックか?それが問題です…:

« 2018 年 JRA GI 第 8 戦「ヴィクトリアマイル」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 9 戦「優駿牝馬(オークス)」 »