« キーを握るのはやはりスワーヴリチャード | トップページ | JBC 3 競争は見ときます »

2018 年 JRA GI 第 15 戦「天皇賞(秋)」

 春の大阪杯であれだけのパフォーマンスを見せたとは言え、折り合いに不安がない馬ではないですし、安田記念以来というのは、やはり手を出しにくいスワーヴリチャード
 対して、前哨戦で、これはというのを見せたレースはやはりオールカマーで、そこを勝ったレイデオロ、それに目標にされてしまったアルアインはやはり四歳勢では一枚抜けている感じがします。

 ただ今回、行きたい馬がおらず、スワーヴリチャードが行ってしまう可能性も加味して、それを早く捕まえようと好位につけた組が仕掛けを早めると、後ろからズドン!という展開も予想されます。。。で、まとめるとこうなりました。

◎ レイデオロ
○ スワーヴリチャード
▲ アルアイン
△ サングレーザー
△ マカヒキ
× キセキ
× ヴィブロス

 これにミッキーロケットを加えるかどうかなんですが、小頭数とはいえ、上に上げた馬より外に入ったので、パドックを見てよほど上位陣に異変が見られない限りは、ちょっと手を出しづらいです。

 言っても、あまり実力差はないと思っていて、かつまた東京 2000m とはいえ、極端な消耗戦にもならないと思っているので、鞍上の実力、枠順というのは相当に効いてくると思っています。
 馬券戦略はこれから、レイデオロ、スワーヴリチャード、アルアインを中心に絞らないと…また獲って損…これから発走までよく考えます。

|

« キーを握るのはやはりスワーヴリチャード | トップページ | JBC 3 競争は見ときます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/67320904

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 年 JRA GI 第 15 戦「天皇賞(秋)」:

« キーを握るのはやはりスワーヴリチャード | トップページ | JBC 3 競争は見ときます »