« ひとまず皐月賞馬 エポカドーロを基準に… | トップページ | キーを握るのはやはりスワーヴリチャード »

2018 年 JRA GI 第 15 戦「菊花賞」

 いろいろ考えてはみましたが、やはり絶対的力量差と言うものは見受けられず、また 3000m と言う距離経験がない以上、枠順と実績を重視します。

 本命は皐月賞馬 エポカドーロの二冠に期待します。
 前走 神戸新聞杯はスタート直後に落馬寸前の躓きで出遅れながら、外々を回らせれて、それでも 4 着。前にいたダービー馬 ワグネリアンはいませんし、エタリオウの脚は突出していましたが、前で先行していれば、ワグネリアンと僅差の勝負をしていたと思うと、エポカドーロを上にみます。

 アイトーンが行くことを宣言していますし、エポカドーロにしろ、メイショウテッコンにしろ、前に行きたい馬が揃っています。対抗は、エタリオウでいいでしょう。内枠のとれた古馬相手に新潟記念を勝ったブラストワンピース、セントライト記念を勝ったジェネラーレウーノも加えて、さらに穴っぽいところに流します。

◎ エポカドーロ
○ エタリオウ
▲ ブラストワンピース
△ ジェネラーレウーノ
△メイショウテッコン
× アフリカンゴールド
× グレイル

 大穴は 2200m, 2400m と楽勝で連勝してきているアフリカンゴールド、父 ステイゴールドと母父 ゴーンウェストと、距離適性の話をするなら、この馬が気になって仕方がありません。
 あとは印が回りませんでしたが、もう一頭の GI 馬 タイムフライヤー。父はサンデー血統でもスタミナ系のハーツクライ、母父はブライアンズタイムと、血統的には長距離向きに思えます。春は早熟かとも思ったのですが、ひょっとすると…

 パドックもしっかり見つつ、馬券戦略はこれから考えます。手を広げると切りがなさそうなので、ひとまずエポカドーロから…と言うところだけは決めています。

|

« ひとまず皐月賞馬 エポカドーロを基準に… | トップページ | キーを握るのはやはりスワーヴリチャード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/67296526

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 年 JRA GI 第 15 戦「菊花賞」:

« ひとまず皐月賞馬 エポカドーロを基準に… | トップページ | キーを握るのはやはりスワーヴリチャード »