« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018 年 JRA GI 第 15 戦「天皇賞(秋)」

 春の大阪杯であれだけのパフォーマンスを見せたとは言え、折り合いに不安がない馬ではないですし、安田記念以来というのは、やはり手を出しにくいスワーヴリチャード
 対して、前哨戦で、これはというのを見せたレースはやはりオールカマーで、そこを勝ったレイデオロ、それに目標にされてしまったアルアインはやはり四歳勢では一枚抜けている感じがします。

 ただ今回、行きたい馬がおらず、スワーヴリチャードが行ってしまう可能性も加味して、それを早く捕まえようと好位につけた組が仕掛けを早めると、後ろからズドン!という展開も予想されます。。。で、まとめるとこうなりました。

◎ レイデオロ
○ スワーヴリチャード
▲ アルアイン
△ サングレーザー
△ マカヒキ
× キセキ
× ヴィブロス

 これにミッキーロケットを加えるかどうかなんですが、小頭数とはいえ、上に上げた馬より外に入ったので、パドックを見てよほど上位陣に異変が見られない限りは、ちょっと手を出しづらいです。

 言っても、あまり実力差はないと思っていて、かつまた東京 2000m とはいえ、極端な消耗戦にもならないと思っているので、鞍上の実力、枠順というのは相当に効いてくると思っています。
 馬券戦略はこれから、レイデオロ、スワーヴリチャード、アルアインを中心に絞らないと…また獲って損…これから発走までよく考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーを握るのはやはりスワーヴリチャード

 菊花賞は散々でした。
 これだけ先行したい馬が揃っていれば、流れはよどまず、瞬発力勝負にならない…と、戦前予想した展開とはまったく逆の展開。先行勢は飛ばさず、エポカドーロに至っては道中かかり気味の出入りのない流れ、ぎゅっと詰まった隊列から最後瞬発力勝負。。。ディープインパクト産駒で、三ヶ月ぶりの実戦ということでまったく眼中になかったフィエールマンが見事に差し切りました。
 すごい馬だとは思います。ただ 3000m を勝てる馬では本来ないでしょう。そう言うレースだったのだと思います。。。また来年にまったく参考にならない菊花賞だったと、切り替えます orz

で、今週は豪華メンバーが揃う秋の天皇賞。
 素直に GI ホース中心に考え、その中でも春、大阪杯を圧勝しているスワーヴリチャードが鍵を握っていると思います。
 大阪杯、あのいかんともしがたい実力差はそう簡単に埋まるものではないと思いますし、安田記念以来といえども、GI に出てくる以上、走れる状態なのでしょう。それでも休み明け。あの実力差にどう影響してくるかに対して、前走 オールカマーで、新味を見せたレイデオロ、2000m 戦では安定した戦績を残すアルアイン、この三頭に対して、札幌記念からマカヒキ、毎日王冠からキセキと、前走で復活の兆しを見せた GI ホースが挑む。
 構図はこれでいいでしょう。

 ただこれで勝負が決まるとも思いません。頭数は少なくなりましたが、それだけにじっくり考えて、確実に獲っておきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 年 JRA GI 第 15 戦「菊花賞」

 いろいろ考えてはみましたが、やはり絶対的力量差と言うものは見受けられず、また 3000m と言う距離経験がない以上、枠順と実績を重視します。

 本命は皐月賞馬 エポカドーロの二冠に期待します。
 前走 神戸新聞杯はスタート直後に落馬寸前の躓きで出遅れながら、外々を回らせれて、それでも 4 着。前にいたダービー馬 ワグネリアンはいませんし、エタリオウの脚は突出していましたが、前で先行していれば、ワグネリアンと僅差の勝負をしていたと思うと、エポカドーロを上にみます。

 アイトーンが行くことを宣言していますし、エポカドーロにしろ、メイショウテッコンにしろ、前に行きたい馬が揃っています。対抗は、エタリオウでいいでしょう。内枠のとれた古馬相手に新潟記念を勝ったブラストワンピース、セントライト記念を勝ったジェネラーレウーノも加えて、さらに穴っぽいところに流します。

◎ エポカドーロ
○ エタリオウ
▲ ブラストワンピース
△ ジェネラーレウーノ
△メイショウテッコン
× アフリカンゴールド
× グレイル

 大穴は 2200m, 2400m と楽勝で連勝してきているアフリカンゴールド、父 ステイゴールドと母父 ゴーンウェストと、距離適性の話をするなら、この馬が気になって仕方がありません。
 あとは印が回りませんでしたが、もう一頭の GI 馬 タイムフライヤー。父はサンデー血統でもスタミナ系のハーツクライ、母父はブライアンズタイムと、血統的には長距離向きに思えます。春は早熟かとも思ったのですが、ひょっとすると…

 パドックもしっかり見つつ、馬券戦略はこれから考えます。手を広げると切りがなさそうなので、ひとまずエポカドーロから…と言うところだけは決めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとまず皐月賞馬 エポカドーロを基準に…

 シンザン記念からの休み明けで、あの豪脚で桜花賞を制し、2400m 戦でまさかの好位からの横綱相撲でオークスを制したアーモンドアイが圧倒的だろうとは思っていました。が、実際にそれを見せつけられると、やはり声になりませんでした。
 二冠を制したオークス以来、しかも GI 、しかも三冠のかかる秋華賞を、あの余裕を持って制するとは…三冠を制した牝馬で最大着差をもって達成したのではないでしょうか?決して弱い世代とは思えない今年の三歳世代でです。
 さらにこれが秋初戦、これからどこに向かうとしても、古馬相手にどこでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか…もはや期待しかありません。

20181014

 さて対して、今週は牡馬クラシック最終戦 菊花賞。
 毎年、次の年にあまり参考にならないレースが多いのですが、去年は特にそうで、あの田んぼのような馬場でレース展開、着順など、今後ほとんど役に立たないでしょう。
 また今年も、一から考えざるえないと思っていますが、それでも基準は、皐月賞馬 エポカドーロでしょう。

 胴が詰まったコロンとした体型なので、ダービーでも距離不安を囁かれましたが、終わってみれば先行して僅差の二着。血統的にも、父 オルフェーブル、母父 フォーティナイナーと極端に不安視するものでもないですし、実際、神戸新聞杯はスタート直後に躓いて 4 着でしたが、2400m 戦で十分に見所がありました。

 これを基準に、神戸新聞杯組 vs セントライト記念組、それ以外と考えていくしかないと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 年 JRA GI 第 14 戦「秋華賞」

 あの春二冠を見て、この調教を見せられて、流石にアーモンドアイを本命に考えないほどひねくれていません。
 競馬に絶対はないことは十分に心得ていますが、この馬が複勝圏を外したら、それはそう言うレースだったと納得することにします。

 ラッキーライラックにしてもそうです。
 アーモンドアイと同じ世代に生まれてしまったことは不幸としか言いようがありません。オークスで後塵を拝したリリーノーブル不在であれば、この馬も他馬とは一線を画しています。アーモンドアイを相手に、出てくる以上、ローテーションどうこう、コースどうこうで四の五の言うレベルではないと思っています。

 問題は三着以下。
 ローズステークスを勝ったカンタービレは、北海道で連勝してきて、春のクラッシック組と未対決のミッキーチャームと脚質がかぶる上に、上位二頭のいい目標にされそうで、ちょっと厳しいかなと。
 内枠で、好位につけられるランドネを紐で狙ってみたいと思います

◎ アーモンドアイ
○ ラッキーライラック
△ ランドネ
△ カンタービレ
△ ミッキーチャーム
△ サラキア
△ プリモシーン

 上位二頭から流そうと思っているので、ランドネ以下はまだ順位をつけ切れていません。パドックをじっくり見て、厳選して流すつもりです。
 しっかり当てて、まずは秋初勝利。がんばります!\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーモンドアイ、牝馬三冠達成なるか?!

 ファインニードル、やはり役者が違いました。
 それは予想通りだったのですが、絶好の位置につけていたと思っていたナックビーナスは、最後の直線で力尽き、注目していた香港馬 ラッキーバブルスは故障で競走中止…この時点ですでに馬券的にはダメなのですが、その上、まったくノーマークだった武 豊 騎手騎乗のラインスプリットが三着。ダイメイプリンセスも、ラブカンプーも買っていたと言っても何の自慢にもなりません。。。秋初戦、惨敗でした orz

 早いとこ、1 勝を挙げて流れに乗りたいところで、今週は秋華賞。

 焦点はなんといってもアーモンドアイが三冠を達成するか否か?かなり可能性は高いと思っていますし、もし負かす可能性があるとしたら、こちらも秋ぶっつけとなるラッキーライラックでしょう。春のクラシックを走った組は、もうあらかた勝負付けがすんでる感じがします。
 ローズステークスを勝ったカンタービレは確かに強かったのですが、脚質的に上位二頭のいい目標にされそうな感じ。

 調教をしっかり見て、三着探し…かな?週末ゆっくり考えようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »