« 2018 年 JRA GI 第 15 戦「菊花賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 15 戦「天皇賞(秋)」 »

キーを握るのはやはりスワーヴリチャード

 菊花賞は散々でした。
 これだけ先行したい馬が揃っていれば、流れはよどまず、瞬発力勝負にならない…と、戦前予想した展開とはまったく逆の展開。先行勢は飛ばさず、エポカドーロに至っては道中かかり気味の出入りのない流れ、ぎゅっと詰まった隊列から最後瞬発力勝負。。。ディープインパクト産駒で、三ヶ月ぶりの実戦ということでまったく眼中になかったフィエールマンが見事に差し切りました。
 すごい馬だとは思います。ただ 3000m を勝てる馬では本来ないでしょう。そう言うレースだったのだと思います。。。また来年にまったく参考にならない菊花賞だったと、切り替えます orz

で、今週は豪華メンバーが揃う秋の天皇賞。
 素直に GI ホース中心に考え、その中でも春、大阪杯を圧勝しているスワーヴリチャードが鍵を握っていると思います。
 大阪杯、あのいかんともしがたい実力差はそう簡単に埋まるものではないと思いますし、安田記念以来といえども、GI に出てくる以上、走れる状態なのでしょう。それでも休み明け。あの実力差にどう影響してくるかに対して、前走 オールカマーで、新味を見せたレイデオロ、2000m 戦では安定した戦績を残すアルアイン、この三頭に対して、札幌記念からマカヒキ、毎日王冠からキセキと、前走で復活の兆しを見せた GI ホースが挑む。
 構図はこれでいいでしょう。

 ただこれで勝負が決まるとも思いません。頭数は少なくなりましたが、それだけにじっくり考えて、確実に獲っておきたいと思っています。

|

« 2018 年 JRA GI 第 15 戦「菊花賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 15 戦「天皇賞(秋)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/67312724

この記事へのトラックバック一覧です: キーを握るのはやはりスワーヴリチャード:

« 2018 年 JRA GI 第 15 戦「菊花賞」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 15 戦「天皇賞(秋)」 »