« JBC 3 競争は見ときます | トップページ | 注目はアルアイン! »

2018 年 JRA GI 第 16 戦「エリザベス女王杯」

 やはり四歳世代、三歳世代が強いと思います。
 四歳世代は、昨年の覇者 モズカッチャン、および GI 二着 4 回のリスグラシュー、三歳世代は、秋華賞でアーモンドアイには及びませんでしたが、十分過ぎる見せ場を作ったカンタービレ、紫苑ステークスを圧勝したノームコア、この四頭を中心に考えるのが妥当と考えます。

 この中でやはり順調にローテーションをこなし、ここに臨んできた感のあるリスグラシューを本命とします。昨年は 8 着、2000m 超の距離で勝った事がないのは不安要素ですが、確実に脚を伸ばしてくるタイプですし、ハーツクライ産駒ですから、2200m が長いという事も本来はないはずです。J. モレイラ騎手に手が変って、勝ちきるところまではいかないかもしれませんが、見せ場は作ってくれると思います。

 対抗はカンタービレ
 唯一掲示板を外したオークスは、フラワーカップ以来で 10kg 増。これを持って距離適性云々を語るには浅はかかと思います。2000m であれだけの競馬を見せ、牝馬同士で 1F 延長ならなんとか見せ場は作れるかと…ペースが遅くなる牝馬戦で、自在性があるのも強みと考えます。

◎ リスグラシュー
○ カンタービレ
▲ モズカッチャン
△ ノームコア
△ レッドジェノヴァ
× コルコバード

 あと一頭は、超スローになった場合に前に行けて粘れそうな、昨年二着のクロコスミア、そして、京都ならあっと言わせそうな 8 歳馬 スマートレイアーを考えてますが、パドックを見て、状態を確認してから。絞って切るかもしれません。

 基本は外国人ジョッキーの腕比べに、日本人ジョッキーが割っては入れるか?そう考えると、やっぱり武 豊 騎手のスマートレイヤーが…発走まで考えます (_ _;A

|

« JBC 3 競争は見ときます | トップページ | 注目はアルアイン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018 年 JRA GI 第 16 戦「エリザベス女王杯」:

« JBC 3 競争は見ときます | トップページ | 注目はアルアイン! »