« 2018 年 JRA GI 第 17 戦「マイルチャンピオンシップ」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 18 戦「ジャパンカップ」 »

アーモンドアイの強さ

 マイルチャンピオンシップは、悪夢を見ているようでした orz
 先行していたアエロリットは、直線早々に沈んでいき、いつまで待っても、モズアスコットは上がってこず。。。それでもアルアインが頑張って「そのまま!」と思った瞬間、内からものすごい勢いで伸びてきたペルシアンナイトと、そして…ステルヴィオ。
 今年の三歳は強いと思っていましたが、まさかここまでとは…今年も三歳世代の実力を見誤りました orz

 そして、今週はジャパンカップ。
 天皇賞(秋)を勝ったレイデオロ、昨年 4 着と見せ場のあったマカヒキが回避し、いよいよアーモンドアイが勝つ為の障害が減ったように思います。
 天皇賞(秋)で、やはりスワーヴリチャードは、本命に置くには危険な馬だという事を思い知りましたし、またスタート直後に不利があったにしても負けすぎで、春の強さが戻ってくるのか疑問が残ります。さらにサトノダイヤモンドは、京都大賞典を久々の勝利で飾ったにしても、あれを快勝というかは疑問で、さらにそれに負けた昨年覇者 シュヴァルグランに去年の迫力がなかったことは明白です。あとは天皇賞(秋)で十二分な見せ場を作ったキセキがもう一段、ギアを上げてこれるかというと…

 そう考えると VS キセキと基準を置くと、アーモンドアイの強さなら越えられない壁ではない…と判断しますが、鞍上ルメール 騎手が、どうも東京スポーツ杯二歳ステークスあたりから風向きが悪いことだけが不安要素。 1 枠 1 番というのも、悪い風が吹くには絶好枠のような気がしますし…土曜のレースもじっくり見て、ゆっくり戦略を考えます。

|

« 2018 年 JRA GI 第 17 戦「マイルチャンピオンシップ」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 18 戦「ジャパンカップ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーモンドアイの強さ:

« 2018 年 JRA GI 第 17 戦「マイルチャンピオンシップ」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 18 戦「ジャパンカップ」 »