« 2018年11月 | トップページ

2018 年 JRA GI 最終戦「ホープフルステークス」

 さぁ今年も最後、来年を占う意味でも当てておきたいホープフルステークス。
 生であの萩ステークスを見てしまった以上、本命はサートゥルナーリア で行きます。初の長距離輸送。小回りの中山、初の 2000m 。と、簡単ではないと思います。
 が、あのスケール。枠も真ん中のちょうどいいところ。超えてくれると信じます!

 対抗はやはり関東馬ということ、条件の違う重賞連勝中のニシノデイジー。こういう人気以上に走る馬は要注意で、ハービンジャー産駒で 2000m でも血統的に問題としないでしょう。

 穴は…と言うか三番手評価はアドマイヤジャスタ。調教を見ただけで、並の馬ではない事は明らか。。。とここまでは、あまり誰も変らないでしょう。

◎ サートゥルナーリア
○ ニシノデイジー
▲ アドマイヤジャスタ
△ ミッキーブラック
△ ブレイキングドーン
× キングリスティア
× ヴァンドギャルド

 今年はあまりレベルが高かったとは思えない京都二歳ステークス。ただブレイキングドーンはアドマイヤジャスタに新馬戦で勝ってますからねぇ…
 ミッキーブラックはあのちぐはぐな競馬で四着。まともなら…と思います。

 あとはノヴェリスト産駒のコスモカレンドゥラは外枠が、持ち時計のあるジャストアジゴロはあの軽い調教がどうにも…ですが、入れ替え候補にしておきます。

 ま、ひとまずサートゥルナーリアから。馬券戦略はパドックを見てから。今年は年間トータルでいい年でしたが、来年もいい年にするために。。。サートゥルナーリア、頑張れ!\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サートゥルナーリアがいよいよベールを脱ぐ!

 有馬記念はキセキを信じて、玉砕しました orz
 いいペースで運んだと思ったのですが、レイデオロもちゃんと 2 着に来たし、調子がいいと思ったシュヴァルグランも来た。ブラスとワンピースももちろん押さえていたのですが、キセキが 5 着だったので、馬券がない!
 でもいいレースでした。ブラストワンピース、小回りの中山ではちょっと厳しいかと思ったら、好位置につけてのロングスパート。池添 騎手の、好判断、勝負強さを思い知ったレースでした。
 しかし、二歳戦を除いて、マイルチャンピオンシップから、古馬 GI を三歳が独占。来年は一体どんな年になるのだろう。。。今からわくわくします。

 その前に…

 明日は今年の最終戦。ホープフルステークスです。
 やっぱりサートゥルナーリアです。萩ステークスを生で見てましたからねぇ…ブレイキングドーンが放馬で除外になったので、あれが無ければあんな楽勝はなかったかも知れませんが、それでも、京都二歳ステークスを見て、無礼キングドーンに、負けていたかも…とはとても思えません。
 力比べでいくと、そのブレイキングドーンに勝ったクラージュゲリエを、札幌で押さえ込んだニシノデイジー相手に、いよいよベールを脱ぐか?>サートゥルナーリア

…と言うところでしょうか?来年の運試しと思って気楽にいきます ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 年 JRA GI 第 22 戦「有馬記念」

 いろいろ考えてみましたが、有馬記念の本命はキセキで行こうと思います。
 先行・逃げに脚質転換して、秋三戦のあのパフォーマンス、小回り中山の 2500m では絶対有利…ですが、あのジャパンカップの激走の疲れがどうしても…と思っていたのですが、調教を見る限り、ジャパンカップの時より動きがよく見えました。かけてみようと思います。

 対抗は、勝ちに来る競馬をするであろうレイデオロ
 ジャパンカップを回避したのは吉と出たと思います。問題は 2500m と言う距離。ダービー馬にこの疑問は…と思われるかもしれませんが、レイデオロが勝ったダービーは相当特殊なスローの上がり勝負でしたし、シーマクラシックを見ても、力勝負のよどみのない流れになった場合、スタミナに一縷の不安を感じます。
 さらに真ん中より外の枠、かつ勝ちいかなければならない、マークされる立場、よほど縦長の展開にならない限り、簡単に内には入れてもらえそうもありません。かつ、キセキが瞬発力勝負になるようなペースで引っ張るとも思えず…馬場状態も…

 穴はモズカッチャン
 内でじっとしていられて、一瞬の脚を使えるそう言う条件に嵌る馬を選びました。パフォーマプロミスも面白いと思っています。

◎ キセキ
○ レイデオロ
▲ モズカッチャン
△シュヴァルグラン
△ ミッキースワロー
× パフォーマプロミス
× ブラストワンピース

の優先順で考えていますが、調教を見ているといい頃の走り方に戻りつつある
サトノダイヤモンド、うまく内に潜り込めればば一瞬の脚が使えるという意味でミッキーロケットも気になっています。

 オジュウチョウサンは夢を買って切ります w
 マカヒキは逆に内に入った事が徒になりそうで、またクリンチャーも力のいる坂のあるコースでは…切ります。

 あと重要なファクターとなってきそうなのが天気と馬場状態。パドックでの様子を含めて、馬券戦略は発走ギリギリまで考えます。

 では皆様も幸ある事を祈って Good Luck ! (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気はオジュウチョウサン、実力は…

 朝日杯フューチュリティステークスはやはりグランアレグリアとアドマイヤマーズの一騎打ちの様相でした。
 先に抜けたグランアレグリアをアドマイヤマーズが、捕まえ力尽くでねじ伏せました。それでも、その叩き合いで、差し替えそうとしたグランアレグリアは、牝馬でありながら、長距離輸送で初の右回り、まだ三戦目と言うことを踏まえれば、評価を下げる結果ではないと思います。
 その力尽きたグランアレグリアを、猛然と突っ込んできたクリノガウディーが交わして二着。紐穴狙いが功を奏しました。連勝です (´▽`)b

20181216

 さて、今週はいよいよ有馬記念。
 まだホープフルステークスがありますが、二歳戦ですし、これは来年への運試しという感じが強いので、あえてオーラスと言わせていただきます。
 前々日ウォッズを見ても、天皇賞(秋)を制したレイデオロが抜けた1番人気、2番人気はオジュウチョウサンで、それ以下は 10 倍を超えると言う状況になっています。確かにオジュウチョウサンは、武 豊 騎手が 1枠1番を引いて、なにかを感じさせますが、実力はやはり、天皇賞、ジャパンカップとあれだけのパフォーマンスを魅せたキセキ、そして、勝ちにいく競馬をしなくてはならないレイデオロが中心になると思います。
 ただ明確な実力差があるメンツかというとそうでもなさそうなので、荒れることを前提に…と考えると、オジュウチョウサン、やっぱり買っとくか w


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 年 JRA GI 第 21 戦「朝日杯フィチュリティーステークス」

 グランアレグリアが十分に強いということを承知した上で、やはり牝馬、そして、初の長距離輸送、初の右回りとパドックを見てみないとなんとも言えないようっそが多分にあるので、ここは本命はアドマイヤマーズにします。
 完成度という意味では一等賞で、実際実績も物語っています。真ん中のなんとでもできる枠をとりましたし、実際何でもできる器用さもあります。唯一、直線用意ドンの瞬発力勝負になったときに不安を感じますが、二歳戦、しかも GI でそれはないかと…

 この上位二頭が、横綱相撲をして押し切れるタイプの馬であるので、その他は、自分の競馬に徹して末脚を伸ばしてくるタイプの馬を選びます。

◎ アドマイヤマーズ
○ グランアレグリア
▲ ケイデンスコール
△ ファンタジスト
△ マイネルサーパス
× クリノガウディー
× ドゴール

 あと気になるところは相手なりに走ってきそうなエメラルファイトでしょうか?
 天候も加味しないといけませんし、関東馬がなんとなく多いので、パドックでじっくりチェックした上で、馬券戦略を練りたいと思いますが、グランアレグリアに異常が認められなければ、上位二頭から絞ってヒモ穴狙いに切り替えます。
 天候さえもてば、あれはしないような気がして、次の大一番、有馬記念に向けて着実に価値を抑えておきたいと思います (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランアレグリア VS アドマイヤマーズ

 ダノンファンタジーは強かった。ファンタジーステークスを圧勝したものの、なにせまだ 2 歳の牝馬。それでも、後方でじっと折り合い、最後の直線、出遅れてさらに後ろから脚を延ばしてきたクロノジェネシスにかぶせられるシーンもありながら、あわてず騒がず、鞍上 C. デムーロ騎手の檄に応えてしっかり伸びて快勝。現時点での完成度の違いを見せつけたレースでした。

20181209

 今週の朝日杯フューチュリティステークスには、そのダノンファンタジー相手に、新馬戦を飾った怪物娘の呼び声高い グランアレグリアが出走します。
 ただ 2 歳の牝馬ですし、初めての長距離輸送に、一戦級の牡馬相手。サウジアラビアロイヤルカップで見せたパフォーマンスは圧倒的でしたが、果たして…
 対する牡馬には、デイリー杯 2 歳ステークスをあっと言わせる逃げで制した三戦全勝のアドマイヤマーズがいます。ダノンファンタジーのように現時点では非常に完成度の高い、しかも関西馬。
 どちらも自分で動いて、レースできる馬なので、基本この二頭に対して割って入れる馬がいるかという視点で見れば、よいかと考えていて、そんな馬を、この週末、探してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 年 JRA GI 第 20 戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」

 ファンタジーステークスを完勝し、まだグランアレグリアにしか負けていないダノンファンタジーが抜けた 1 番人気になると思いきや、二戦全勝、1800m 戦を素晴らしい末脚で牡馬を押さえきったクロノジェネシスが前日ウォッズでは直前まで 1 番人気。
 これに加えて、アルテミスステークスを目の覚める末脚で制覇したシェーングランツも気になるのですが、今度は直前輸送で阪神、しかも、調教後の馬体重は前走より減らしている状態で、パドックを見るまで重い印はつけられないと思っています。なら今度は長距離輸送のないビーチサンバの方が、期待を持てそうです。

◎ ダノンファンタジー
○ クロノジェネシス
▲ ビーチサンバ
△ シェーングランツ
△ タニノミッション
× ベルスール
× レッドアネモス

ベルスール以下に加えて、グレイシア、メイショウショウブまで、気になっていて、上位陣をパドックで見たときの異常を感じたときの入れ替え候補として、調教映像などもう一度見直してから馬券戦略を考えようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるのはタニノミッション

 チャンピオンズカップは、舞台が砂に変わっただけで、ジャパンカップの再現を見ているようなレースでした。
 ゴールドドリームが回避したことも手伝って、圧倒的な一番人気を背負った三歳馬 ルヴァンスレーヴが好スタートを切り、行くと決めていたかのようにハナを切ったアンジュデジールの後ろ、二番手できっちり折り合い、最後の直線、進路が開くのをじっくり待って追い出して突き放す。強い馬があんなレースをされては、後ろはどうしようもありません。
 前が残る競馬になるかも…とは思っていましたが、それでもあわてず騒がず完勝。そして、馬券は内に突っ込んできたウエスタールンドの為に玉砕…いろんな意味で唖然としたレースでした orz

 気を取り直して、年間収支をさらによくする為に前向きに、今週も阪神ジュベナイルフィリーズ、打ちます!

 来年の牝馬クラシック戦線の最有力候補と目される 2 戦無敗のグランアレグリアは、来週の牡馬との対戦 朝日杯フューチュリティーステークスに回りましたが、それでも、そのグランアレグリアにしか負けていない、ファンタジーステークスを完勝したダノンファンタジー、アルテミスステークスを覚醒したかのような末脚で差し切った良血 シェーングランツ、バゴ産駒らしからぬ末脚で前走アイビーステークスを勝って 2 戦全勝のクロノジェネシスと素質馬が揃っている印象です。

 その中でも気になるのは抽選を突破してきたタニノミッション。
 母 ウォッカも抽選突破して、この阪神 JF を制しましたが、だからその娘も…と言うファンタジーではなく、父が短距離系の Invincible Spirit になって、これまでのウォッカの仔には見られなかった「切れる脚」を持っている印象です。
 なにせ、2 歳戦ですから、実績より能力、それをしっかり見極める、自分の「目」が試される一戦、じっくり見極めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 年 JRA GI 第 19 戦「チャンピオンズカップ」

 ゴールドドリーム回避と言う時点で、三歳馬は古馬との負担重量差が 1kg になり、相当きついと思うのですが、そう言う物差しで今年の三歳馬を考えると痛い目に遭うとよくわかりましたし、大本命 ルヴァンスレーヴが落ちる想定をすると、予想がまとまりません。

 同じ三歳馬のオメガパフュームも含め、末脚自慢が揃い、一方で、前で自在に動ける JBC クラシック馬 ケイティブレイブや、行けるなら行ってもいいサンライズソア もいますので、決して我慢比べの末脚勝負にもならない予感があります。

 ならば、自在性のあるルヴァンスレーヴにはさらに有利に展開するかと…

◎ ルヴァンスレーヴ
○ ケイティブレイブ
▲ オメガパフューム
△ サンライズソア
△ ノンコノユメ
× サンライズノヴァ
× パヴェル

 あとインカンテーションと、ミツバが気になることは気になるのですが、この上位に異常がない限りおそらくは切ると思います。

 あとは馬券戦略をどうするか…パドックを見ながら考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ