« 2018 年 JRA GI 第 19 戦「チャンピオンズカップ」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 20 戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」 »

気になるのはタニノミッション

 チャンピオンズカップは、舞台が砂に変わっただけで、ジャパンカップの再現を見ているようなレースでした。
 ゴールドドリームが回避したことも手伝って、圧倒的な一番人気を背負った三歳馬 ルヴァンスレーヴが好スタートを切り、行くと決めていたかのようにハナを切ったアンジュデジールの後ろ、二番手できっちり折り合い、最後の直線、進路が開くのをじっくり待って追い出して突き放す。強い馬があんなレースをされては、後ろはどうしようもありません。
 前が残る競馬になるかも…とは思っていましたが、それでもあわてず騒がず完勝。そして、馬券は内に突っ込んできたウエスタールンドの為に玉砕…いろんな意味で唖然としたレースでした orz

 気を取り直して、年間収支をさらによくする為に前向きに、今週も阪神ジュベナイルフィリーズ、打ちます!

 来年の牝馬クラシック戦線の最有力候補と目される 2 戦無敗のグランアレグリアは、来週の牡馬との対戦 朝日杯フューチュリティーステークスに回りましたが、それでも、そのグランアレグリアにしか負けていない、ファンタジーステークスを完勝したダノンファンタジー、アルテミスステークスを覚醒したかのような末脚で差し切った良血 シェーングランツ、バゴ産駒らしからぬ末脚で前走アイビーステークスを勝って 2 戦全勝のクロノジェネシスと素質馬が揃っている印象です。

 その中でも気になるのは抽選を突破してきたタニノミッション。
 母 ウォッカも抽選突破して、この阪神 JF を制しましたが、だからその娘も…と言うファンタジーではなく、父が短距離系の Invincible Spirit になって、これまでのウォッカの仔には見られなかった「切れる脚」を持っている印象です。
 なにせ、2 歳戦ですから、実績より能力、それをしっかり見極める、自分の「目」が試される一戦、じっくり見極めたいと思います。

|

« 2018 年 JRA GI 第 19 戦「チャンピオンズカップ」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 20 戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/67461414

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるのはタニノミッション:

« 2018 年 JRA GI 第 19 戦「チャンピオンズカップ」 | トップページ | 2018 年 JRA GI 第 20 戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」 »