« 2018 年 JRA GI 最終戦「ホープフルステークス」 | トップページ | フェブラリーステークス【 2019 年 JRA GI 開幕戦】 »

ルヴァンスレーヴ不在でも話題いっぱいの GI 開幕戦ですが…

 昨年末の有馬記念後も、圧巻のレースが続きました。
 なんといっても、サートゥルナーリア!ホープフルステークスで、最後の直線、前が壁になって絶体絶命…かと思いきや、空いた隙間をこじ開けるように前に出ると、もうあとは話す一方。2 着のアドマイヤジャスタも、 3 着のニシノデイジーも決して弱くはないと思います。ちょっと桁が違いました>サートゥルナーリア
 すでに今年 3 歳重賞がいくつか終わりましたが、まだサートゥルナーリアを超えるインパクトを与えた馬は出現していません。主戦が C. ルメール騎手に、そして皐月賞直行というローテーション。普通に考えたら、なんでそんな難題をわざわざ抱え込むのか…と思いますが、この馬なら超えるかも…とも思ってしまったり。とにかく皐月賞が楽しみで仕方ありません。

20181228

20181228_2

 そして、もう一つ東京大賞典もすごかった。
 ゴールドドリームを力でねじ伏せた恐るべき明け 4 歳世代のオメガパフュームも出走するフェブラリーステークスから、今年も GI が開幕します。

 藤田菜七子騎手が JRA 女性ジョッキーとして初の GI 騎乗を果たし、またその騎乗馬 コパノキッキングも、重賞連勝中の名うての 4 歳世代。昨年の最優秀ダートホース、ダート路線の 4 歳世代の代表格、昨秋のダートチャンプ ルヴァンスレーヴは不在でも話題に事欠きません。

 が、現れた新星 インティを、ゴールドドリームが捕まえられるか?ここが予想のキモだと思っています。インティをs射程に捕らえてコパノキッキング、そしてそれらを目がけて仕掛けるゴールドドリームに、オメガパフューム、ノンコノユメ…これから想像を膨らませて、まずは今年最初の GI 、獲っておきたいと思います (^^)b


|

« 2018 年 JRA GI 最終戦「ホープフルステークス」 | トップページ | フェブラリーステークス【 2019 年 JRA GI 開幕戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルヴァンスレーヴ不在でも話題いっぱいの GI 開幕戦ですが…:

« 2018 年 JRA GI 最終戦「ホープフルステークス」 | トップページ | フェブラリーステークス【 2019 年 JRA GI 開幕戦】 »