« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

フェブラリーステークス【 2019 年 JRA GI 開幕戦】

 本命はインティと迷いましたが、やはりゴールドドリームでいきます。
 昨秋は、南部杯でルヴァンスレーヴに、東京大賞典でオメガパフュームに後塵を拝していますが、どちらも休み明け同然で、かつ 2 着は確保しているわけですし、相手はどちらも最強世代を謳われる 4 歳馬。調教を見る限り明け 6 歳でも衰えも感じませんし、今回は予定通りのローテーション、枠もいいところですし、またインティがいるので、一本がぶりで徹底マークされる事もないでしょう。

 となると、対抗はインティです。
 ただ逃げるので、目標にされやすいですし、ゴールドドリームも仕掛けるタイミングはこの馬を目標に計るでしょう。決して楽ではないと思いますが、東海ステークスで見せたあのスピード感、調教を見る限り、簡単に止まるところが想像できません。

 あとは正直、上位陣といわれていう間に大きな力の差はないと思います。
 唯一、東京大賞典でゴールドドリームに競り勝ったオメガパフュームは一歩抜きん出ているかも知れませんが、大外枠を考えると、その分で差はなくなるかと思います。

◎ ゴールドドリーム
○ インティ
▲ ユラノト
△ オメガパフューム
△ コパノキッキング
× サンライズノヴァ
× サンライズソア

 あとはクインズサターンが気になりますが、これは根岸ステークスの内容を見て入れ替え候補まで。やはり同じ根岸 S 組ならやはり勝ったコパノキッキングを評価しています。マイルは長いという評価を多分に見ますが、血統的にはマイルならこなせそうで、短い距離で実績を上げているのは騸馬ですし、性格的なものかと。そこは藤田騎手に乗り変わって、新味を見せた時の方が怖く感じます。

 あまり大荒れは期待できないかと思いますので、ゴールドドリームとインティから流して確実に今年の初勝利を目指したいと思います (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルヴァンスレーヴ不在でも話題いっぱいの GI 開幕戦ですが…

 昨年末の有馬記念後も、圧巻のレースが続きました。
 なんといっても、サートゥルナーリア!ホープフルステークスで、最後の直線、前が壁になって絶体絶命…かと思いきや、空いた隙間をこじ開けるように前に出ると、もうあとは話す一方。2 着のアドマイヤジャスタも、 3 着のニシノデイジーも決して弱くはないと思います。ちょっと桁が違いました>サートゥルナーリア
 すでに今年 3 歳重賞がいくつか終わりましたが、まだサートゥルナーリアを超えるインパクトを与えた馬は出現していません。主戦が C. ルメール騎手に、そして皐月賞直行というローテーション。普通に考えたら、なんでそんな難題をわざわざ抱え込むのか…と思いますが、この馬なら超えるかも…とも思ってしまったり。とにかく皐月賞が楽しみで仕方ありません。

20181228

20181228_2

 そして、もう一つ東京大賞典もすごかった。
 ゴールドドリームを力でねじ伏せた恐るべき明け 4 歳世代のオメガパフュームも出走するフェブラリーステークスから、今年も GI が開幕します。

 藤田菜七子騎手が JRA 女性ジョッキーとして初の GI 騎乗を果たし、またその騎乗馬 コパノキッキングも、重賞連勝中の名うての 4 歳世代。昨年の最優秀ダートホース、ダート路線の 4 歳世代の代表格、昨秋のダートチャンプ ルヴァンスレーヴは不在でも話題に事欠きません。

 が、現れた新星 インティを、ゴールドドリームが捕まえられるか?ここが予想のキモだと思っています。インティをs射程に捕らえてコパノキッキング、そしてそれらを目がけて仕掛けるゴールドドリームに、オメガパフューム、ノンコノユメ…これから想像を膨らませて、まずは今年最初の GI 、獲っておきたいと思います (^^)b


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »