« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

大阪杯【 2019 年 JRA GI 第 3 戦】

 願いが届いたのか? w アルアインは 2 枠 3 番。もう本命にするしかありません!

 別に意地になっているわけではありません。おそらくキセキがハナを主張するでしょうが、エポカドーロも行けるなら行きたいと言うコメントをしているので、それを見ながら前につけられ、かつ昨日の雨で、トップスピードを競う展開にならないと踏んで、アルアインがいいのではないかと。

 対抗はエアウィンザー

 本命にも…と考えましたが、ちょっと外目の枠に入ったので、迷っていたアルアインを上に見ました。

 狙っている穴はステイフーリッシュ

 前が厳しい展開になりそうなので、外から、かつ条件不問で嵌まれば飛んできそうなこの馬も 4 歳。いつか爆発するとずっと注目しているんですよね…

◎ アルアイン

○ エアウィンザー

▲ ステイフーリッシュ

△ キセキ

△ サングレーザー

× ブラストワンピース

× ワグネリアン

 これだけ有力馬が揃うとはっきり言って手が回りません。キセキと折り合いがつけば、エポカドーロにも目がありそうで、もちろん嵌まればステルヴィオや、ペルシアンナイトもなぁ…

 迷っていたらきりがない、かつ私用でライブで見れないの、腹くくってアルアインから、絞って攻めたいと思います。

| | コメント (0)

ダノンプレミアムはなぜいない?!

 高松宮記念、お察しの通り惨敗でございました orz

 内でうまく立ち回ってくれれば…と思って、ミスターメロディーは確かに狙ってました。セイウンコウセイも、幸 騎手に乗り変わって、フレッシュな状態なら…とも思いました(結局買いませんでしたが…)。が、ショウナンアンセムは買えん! o...rz

 気を取り直していきます。まだ二戦しか終わってません。春だけでもまだまだあります!

 今週は大阪杯!金鯱賞を圧勝した大本命 ダノンプレミアムが…いない!

 ええ?!って感じです。マイラーズカップから安田記念を目指すそうですが、いや前哨戦なら大阪杯でよくね?とは思いますが、陣営が決めたこと、覆るわけもありません。

 腹を決めて、歴戦古馬を相手に有馬記念を勝ったブラストワンピースがいる!ジャパンカップでワールドレコードを演出したキセキもいる!なんといっても強い今年の 4 歳世代のダービー馬 ワグネリアンも…って全部、休み明け初戦って…

 強いのはわかりますが、そんなに抜きん出て力の差がある馬がいると思えないんですよね…となると、ここを目標にして叩いた組が有利じゃないかと。あとやっぱり枠順。力が拮抗している、かつ阪神内回り 2000m 。内を利してスピードの持続力で押せるタイプがいいと思うんですよね。

 アルアイン、内に入って! (_人_;)

| | コメント (0)

高松宮記念 【 2019 年 JRA GI 第 2 戦】

 前哨戦を見る限りダノンスマッシュが一歩抜けているように思います。

 

 シルクロードステークスで前が塞がり、それでも外に出して追い始めて、突き出てしまうのですから、少なくとも同レース出走組にダノンスマッシュを逆転できる馬はいないでしょう。

 

 あのレースを見て、他の前哨戦組でそれを上回る、もしくは同等のインパクトがあったのは、やはりオーシャンステークスを圧勝したモズスーパーフレアで、中京に実績がない事を不安視されていますが、少なくとも左回りに関しては、逃げる馬が右左でパフォーマンスが大きく異なるなどあまり聞いた事がなく、問題は直前輸送の競馬になる事くらいだと思うので、パドックでその様子をしかと見ますが、これが対抗でいいでしょう。

 

 他馬に大きな差はないと感じますが、そうなると枠順が大きくものをいいそうな気がして、そんな中、強い 4 歳馬がもう一頭いるので、ミスターメロディを穴馬視しています。

 

◎ ダノンスマッシュ
○ モズスーパーフレア
▲ ミスターメロディ
△ レッツゴードンキ
△ ナックビーナス
× アレスバローズ
× ロジクライ

 

 アレスバローズは、昨秋、夏の疲れかいいところがありませんでしたが、リフレッシュして中京ならダノンスマッシュと同じような競馬ができるので、内目の枠にも入りましたし、面白いところかと…あとはロジクライに関しては 1400m もこなしましたし、1200m では未知数と言うこと、鞍上ルメールというのは、やはり怖いです。

 

 気になるのは森田厩舎の二騎 ラブカンプーとダイメイプリンセス。ダイメイプリンセスは、大外を嫌いましたが、年明け二走まるでいいところのないラブカンプーはブリンカーで変られると、ちょっと怖いなと…と言うことで、しっかりパドックを見て結論を出したいと思います。

 

 ひとまず二匹目のドジョウを狙って連勝…狙います! (^^)b

| | コメント (0)

ダノンスマッシュが抜けているでしょう

 フェブラリーステークスは、インティが見事に逃げ切り、GI 初挑戦にして初制覇。対して、ゴールドドリームは捕らえきれずまたしても二着。若き王者 ルヴァンスレーヴ不在でも、今後のダート戦線を占う GI にふさわしいレースだったと思います。上位二頭以外は、実力に差はないと思っていたので、内枠でうまく捌いてくる馬が来るんでは。。。と思っていたら見事に的中。今年の GI 戦線、滑り出しは上々です (^^)b

20190217

 さて、いよいよ春の GI シリーズが今週の高松宮記念から始まりますが、前哨戦を見る限りシルクロードステークスを制して挑む 4 歳馬 ダノンスマッシュが抜けているような感じがします。これに対して、オーシャンステークスで圧倒的な逃走劇を見せつけたモズスーパーフレアの 4 歳対決が軸かなと…

 あとは力落ちが見られないレッツゴードンキ、1200m で実力が未知数なロジクライが気になるところですが、他はさほど実力に差はないでしょう。と言うことはまた内枠を利して来る馬が…などと二匹目のドジョウを狙っております ^^


| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »