« 皐月賞【 2019 年 JRA GI 第 5 戦】 | トップページ | 天皇賞(春)【 2019 年 JRA GI 第 6 戦】 »

シャケトラの冥福を祈ります

 皐月賞は終わってみれば、サートゥルナーリアの圧勝と言うレースでした。

 最後の直線、内によれ、二着のヴェロックスに馬体をぶつける行儀の悪いところをみせて、結果はアタマ差。辛勝という向きはあるでしょうが、コンスタントに使って、鞍上の川田 騎手が最高のレース展開を見せて、それでいながら、今年初戦で最後はよれながら上がってきたサートゥルナーリアに交わされているのですから、ダービーではおそらくこの差はもっと広がるでしょう。個人的には圧勝とみています。

 それよりは三着のダノンキングリーは共同通信杯ぶりというローテーションで、内から伸びて最後は力尽きましたが、まだ次は上積みがありそうな分、やはり恐るべし才能だと見直しております。

20190414

 さて、今週は春の天皇賞です。

 調教中に骨折でこの世を去ったシャケトラ。距離適性から本命にするつもりはありませんでしたが、それでも予想中心になるべき力を持った馬だったので、残念に思うとともに、その冥福を祈らずにはいられません。

 こうなると予想の中心は、昨年の菊花賞の 1 着から 3 着まで揃う強い四歳勢を中心に考えざるえません。一番いい枠をとったのが、菊花賞 2 着だったエタリオウ。ですが、性格的に当てになる馬ではありませんし、かといって外々を回らされて、それでも強さを見せきれるほど、ディープインパクト産駒であるフィエールマンに絶対の長距離適性があるとも思えません。

 そうなるとダイヤモンドステークスを圧勝したユーキャンスマイルか…それとも…この春一番難しいレースになりそうです。。。

|

« 皐月賞【 2019 年 JRA GI 第 5 戦】 | トップページ | 天皇賞(春)【 2019 年 JRA GI 第 6 戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皐月賞【 2019 年 JRA GI 第 5 戦】 | トップページ | 天皇賞(春)【 2019 年 JRA GI 第 6 戦】 »