« つまるところサートゥルナーリアをどう見るか? | トップページ | シャケトラの冥福を祈ります »

皐月賞【 2019 年 JRA GI 第 5 戦】

 問題は今年初戦で、いきなり皐月賞に挑んでくるサートゥルナーリアであることは間違いないのですが、これをひとまず本命にするにせよ、この馬を中心に予想を立てていると、前に進まないので、ひとまず二着争いという視点で考えてみます。

 行くのはおそらく毎日杯を買ったランスオブプラーナが行くでしょう。重賞を勝った馬ですし、簡単に止まるとは思えません。これを見ながらアドマイヤーズを筆頭に、ニシノデイジー、ヴェロックスなどの有力馬が見て進む形となり、その後ろにダノンキングリーなど末脚自慢が構える。

 2000m という距離、中山最終週で内が悪いとを考えると、対抗はニシノデイジー、穴はファンタジストと見ています。

◎ サートゥルナーリア
○ ニシノデイジー
▲ ファンタジスト
△ アドマイヤマーズ
△ ヴェロックス
× ダノンキングリー
× アドマイヤジャスタ

ランスオブプラーナの逃げ残り、内で起用に立ち回られたときのサトノルークス、さらに隊列が長くなったとき、前にうまくつけられればラストドラフトも気になるところですが、ひとまず入れ替え候補ということにしておいて、ヴェロックスまではたとえ雨が降っても馬券に入れようとは思っています。

問題は雨です。中山の午後からの降水確率は 50% と、まぁ微妙で、降ればメイショウテンゲンシュヴァルツリーゼまで入れて検討し、あまりに馬場が悪化しそうなら、ニシノデイジーと後ろから足を伸ばしてくる組 ファンタジストやダノンキングリーは評価を下げようと思っています。

その中でサートゥルナーリアをどうするか…これも雨の状態いかんでは、がらっと変えるかもしれません。発走までしっかり考え抜こうと思っています。

|

« つまるところサートゥルナーリアをどう見るか? | トップページ | シャケトラの冥福を祈ります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つまるところサートゥルナーリアをどう見るか? | トップページ | シャケトラの冥福を祈ります »