« シャケトラの冥福を祈ります | トップページ | 桜花賞馬 VS 二歳マイル王再戦!! »

天皇賞(春)【 2019 年 JRA GI 第 6 戦】

 おそらく上半期の春の GI 戦で最も予想が難しい一戦でしょう。

 大きな力量差はないと思われ、となると、世代格差は逆に大きいと思われます。ここは強い 4 歳世代中心に考えるのが妥当でしょう。

 ただ昨今、内枠有利説があり、私自身も信じていますが、今年は出走頭数が少なく、そんなに大きな有利不利はないように思います。またロードヴァンドールや、ヴォージュなど行きたい馬も揃っていますし、その後ろをメイショウテッコンが追いかける展開になるとすると、めちゃくちゃなスローペースになることもないと思われます。

 ここは素直に昨年の菊花賞上位組を上に見ます。

◎ ユーキャンスマイル
○ エタリオウ
▲ リッジマン
△ フィエールマン
△ グローリーヴェイズ
× メイショウテッコン
× クリンチャー

 昨年の菊花賞上位を占めた 4 歳馬で、長距離戦に最も高い適性を見せたのは、おそらくダイヤモンドステークスを勝ったユーキャンスマイルだと思います。スローを折り合い、3000m 走ったあとの直線で 33 秒台の脚を使える馬はそうそういないでしょう。

 エタリオウは適性云々の前に性格が… (^^;A

 昨年の菊花賞は超スローからの上がり勝負になったので、レースとしては非常に特殊なレースで、フィエールマンはこれに「はまった」レースだと思っていて、長距離適性的には上位三頭で最も低いかと。やはりディープインパクト産駒ですから、適性は 2400m 以下だと思います。

 で、フィエールマンを三番目とした場合、「穴」にならないので、もし 4 歳勢の一角を崩すとしたら、長距離適性でリッジマンかと。鞍上も蛯名騎手で、京都の長丁場では怖い騎手ですし…逆にメイショウテッコンは、乗り変わったのが長距離レースであまりいいイメージがない福永 騎手と言うことで評価を下げました。

 あとはクリンチャーは無条件に怖い感じがします。なんと言っても昨年の三着馬ですし。

 以上、正直まだ悩んでます。もう一頭、二頭気になる馬はいるのですが、そこそこ付きそうな気がしますし、手を広げても当たる確率が上がる気がしません (^^;A

 ここは思い切りが必要かと…まさに勝負です (^^)b

|

« シャケトラの冥福を祈ります | トップページ | 桜花賞馬 VS 二歳マイル王再戦!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャケトラの冥福を祈ります | トップページ | 桜花賞馬 VS 二歳マイル王再戦!! »