« 2019年5月 | トップページ | 2019年9月 »

宝塚記念【2019 年 JRA GI 第 12 戦】

 今年は有力馬が内に集まりましたし、脚質によって有利不利がない枠順になったと思います。かつ阪神競馬場で、関西は適度に週末雨が降り、それが止んで、少々パワーのいる馬場になりそうですが、極端早かったり、内外で馬場の傷みが違ったりという事もなさそうです。

 となると素直に、春は国内に専念していた組を狙います。

 本命はアルアインで。大阪杯を制して、そこから直行、使いべりが激しいと言うことはないですが、気が勝ってる馬なので、多少ローテに余裕があっても、極端なパフォーマンスダウンはないかと…本当はマイル〜 2000m がいいと思っているのですが、枠順も良く、また少しパワーのいる馬場状態になりそうなので、プラマイ 0 で 2200m をこなしてくれるのではないかと思っています。

 本命と差のないレベルで対抗はキセキ。最内枠、馬場の傷みも例年ほどひどくない、多少馬場が緩んでも苦にしない。条件は揃っていると思います。ローテも余裕十分で、あとは川田騎手の腕次第。

 穴はエタリオウ。ここ数戦の主戦 M. デムーロ騎手が、スワーヴリチャードを選んだのは弱冠気になるところではありますが、しかし、あの天皇賞(春)はちょっと解せない騎乗ではあったので、そこに乗り代わりは横山(典)騎手。いきなり、この馬の新味を引き出しそうで猛烈に怖い w

◎ アルアイン
○ キセキ
▲ エタリオウ
△ レイデオロ
△ スワーヴリチャード
× マカヒキ
× リスグラシュー

いや、ノーブルマーズも気になるのですが、これでいきます。あとは馬券をどう買うか、そこに集中することにします。ちょっと東京五連戦は最初から最後まで悪夢で終わったので、ここは秋に引きずらないために獲って締めたい。

 それでは今年も上半期お付き合いありがとうございました。それでは宝塚記念でも皆さんに幸運が舞い降りますように… (^^)/

| | コメント (0)

現五歳世代最強決定戦

 東京 5 連戦、最後の安田記念でも悪夢を見ました orz

 最強世代と謳われる今年の四歳世代、その中でも牡馬最強と名高いダノンプレミアム VS 昨年の三冠牝馬、ジャパンカップをも制し、現役最強とも言われるアーモンドアイと言うレースを期待していたのですが、ロジクライがスタート直後に内に斜行。その影響をもろに受けたダノンプレミアムが、妙なスタートになって出遅れ、そのさらに内にいたアーモンドアイまでもが後方から…結局直線では、ダノンプレミアムの鞍上 川田 騎手が異常を感じたのか追うのをやめ、また異常に早い馬場が継続していた東京で、3F 32.4 秒という究極の末脚を駆使してもアーモンドアイは 3 着まで。

 勝ったインディチャンプは、それがなくても勝ち負けしていたレベルだと思いますが、それでもこの後味の悪さは、悪夢以外の何ものでもありません。もしかなうなら、アーモンドアイは秋、天皇賞(秋)を初戦に選ぶようですし、マイル路線を選択したとは言え、できることならダノンプレミアムにも、そこでもう一度世代最強対決を仕切り直してくれないかと思わずにはいられません。

 その東京 5 連戦最終戦 安田記念から 2 週あきました。気分も切り替わりました。そして、今週は春の GI シリーズ最終戦 宝塚記念です。

 人気は五歳世代のダービー馬 レイデオロが背負ってくれそうですが、ここに大阪杯を勝った、同世代の皐月賞馬 アルアイン、同じく世代の菊花賞馬 キセキも揃います。昨年の大阪杯を勝ったスワーヴリチャード、そして、エリザベス女王杯馬 リスグラシューと、五歳世代最強決定戦の様相を呈しています。

 が、ここに最強四歳世代から、最強の 1 勝馬 エタリオウが参戦します。もう少し、じっくり検討しますが、海外帰りは人気しそうですが、国内に専念していた組を狙っていきたいと思います。

| | コメント (0)

安田記念【2019 年 JRA GI 第 11 戦】

 たとえ、今、東京競馬場の馬場が異常に早いと言っても、ここはアーモンドアイ VS ダノンプレミアムの一騎打ちと見ます。

 本命はダノンプレミアム。両馬とも外枠になりましたので、スタートが早く、かつ前につけて抜け出す競馬の安定性を重視しました。マイルの適性については「ダノンプレミアムが上」と言う意見も見ますが、弱冠、ダノンプレミアムの方が距離適性範囲が狭いだけで、ここに大きな差はないと思います。

 対抗は当然、アーモンドアイ。

 さて、三着争いですが、ここは今の東京の馬場状態を鑑みて、内で脚を溜められ、かつトップスピードの持続力に長けた馬を上位に見ました。

 穴は内に突っ込んできそうな岩田騎手を鞍上に迎えたサングレーザーです。

◎ ダノンプレミアム
○ アーモンドアイ
▲ サングレーザー
△ インディチャンプ
△ モズアスコット
× アエロリット
× ステルヴィオ

 えぇ。面白みも何もない予想です w

 唯一真ん中より外で選んだのはステルヴィオで、真ん中より外なら、脚を溜めてトップスピードの持続力もそうですが 32 秒台の脚を繰り出せる馬という事で選びました。同じ条件でスマートオーディンも気になるのですが、これはパドックを見てから。ただ距離適性的に持続力という点でステルヴィオを上に見ています。

 もうこうなるといかに馬券を絞るか…スマートオーディンは気になりますが、すでにそちらに考えはシフトしています。東京 5 連敗は避けたい…例年言ってますが… orz

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年9月 »