« それでもアーモンドアイ VS ダノンプレミアムで考える! | トップページ | 現五歳世代最強決定戦 »

安田記念【2019 年 JRA GI 第 11 戦】

 たとえ、今、東京競馬場の馬場が異常に早いと言っても、ここはアーモンドアイ VS ダノンプレミアムの一騎打ちと見ます。

 本命はダノンプレミアム。両馬とも外枠になりましたので、スタートが早く、かつ前につけて抜け出す競馬の安定性を重視しました。マイルの適性については「ダノンプレミアムが上」と言う意見も見ますが、弱冠、ダノンプレミアムの方が距離適性範囲が狭いだけで、ここに大きな差はないと思います。

 対抗は当然、アーモンドアイ。

 さて、三着争いですが、ここは今の東京の馬場状態を鑑みて、内で脚を溜められ、かつトップスピードの持続力に長けた馬を上位に見ました。

 穴は内に突っ込んできそうな岩田騎手を鞍上に迎えたサングレーザーです。

◎ ダノンプレミアム
○ アーモンドアイ
▲ サングレーザー
△ インディチャンプ
△ モズアスコット
× アエロリット
× ステルヴィオ

 えぇ。面白みも何もない予想です w

 唯一真ん中より外で選んだのはステルヴィオで、真ん中より外なら、脚を溜めてトップスピードの持続力もそうですが 32 秒台の脚を繰り出せる馬という事で選びました。同じ条件でスマートオーディンも気になるのですが、これはパドックを見てから。ただ距離適性的に持続力という点でステルヴィオを上に見ています。

 もうこうなるといかに馬券を絞るか…スマートオーディンは気になりますが、すでにそちらに考えはシフトしています。東京 5 連敗は避けたい…例年言ってますが… orz

|

« それでもアーモンドアイ VS ダノンプレミアムで考える! | トップページ | 現五歳世代最強決定戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでもアーモンドアイ VS ダノンプレミアムで考える! | トップページ | 現五歳世代最強決定戦 »