« 素直にアーモンドアイでしょ? | トップページ | コントレイルで締める! »

有馬記念【2019 年 JRA GI 第 23 戦】

 アーモンドアイには逆らわないことにします。

 微熱だったどうかは知りませんが、熱発明けと公言した上で、この馬を有馬記念に送り出す以上、「勝てる」と陣営が踏んで出走させるのですから、状態に対しては不問。かつ初めての中山ということに関しては、長距離輸送でもないですし、2500m 云々とか舞台設定に左右されるクラスの馬ではない、過去見た中でも最強の牝馬だと思っています。

 もしこの馬で、真っ向能力で上回れるとしたら、サートゥルナーリア以外有り得ないと思っています。

 やはりこの家系、気性的な問題がどうしても能力を阻害する傾向にあって、東京での二戦はそういうところがもろに出てしまいました。輸送の問題ではないと言うことは、ホープフルステークス、皐月賞で証明しているので、中山なら…そして、そのパフォーマンスが全開になれば…神戸新聞杯のあのパフォーマンスを発揮できれば、並の馬ではつけいる隙もないでしょう。

◎ アーモンドアイ
○ サートゥルナーリア
▲ スワーヴリチャード
△ リスグラシュー
△ ヴェロックス
× フィエールマン
× キセキ

 なにせ G1 ホースが 11 頭も集結する今年の有馬記念、気になる馬をあげればきりはないですが、ジャパンカップを勝ったスワーヴリチャードの評価が低すぎで、内枠もとったし、以前ほど暴れん坊なところは見せなくなって、右回りでもスピード勝負にならない中山、使い減りするタイプでもないので脅威だと思って穴にしています。

 あとは海外からの帰国組の評価を少し落として、もし GI ホース以外が見せ場を作るとしたら、三歳馬のヴェロックスかと…菊花賞はマークされる立場で、距離も長すぎました。今回は 2F 以上距離が縮みますし、マークされる立場でもない。ちょっと外枠なのがどう出るかですが、器用な馬ですので、三着なら…あとは宝塚記念のようにスローにはならないであろう今回はリスグラシューが距離も含めてどうか、そして、過小評価しすぎていつも痛い目を見るフィエールマンと、先行したい馬が多すぎる上に有力馬より外になったキセキが、どういう競馬をするか…先行したい馬が外に集まったので、前残りできるならこの馬かと思っています。

 雨の心配をしなければならず、天候とパドックを見て、雨がひどいようならフィエールマンは評価をさらに落とすかも…シュヴァルグランアエロリットの状態を見て入れ替えを考えます。

 さて、今年はどんな結末が待っていることか…いいレースを見て、勝って締めたい!今年も一年、このブログを御覧いただいた方にも幸運を! Good Luck です! (´▽`)b

|

« 素直にアーモンドアイでしょ? | トップページ | コントレイルで締める! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素直にアーモンドアイでしょ? | トップページ | コントレイルで締める! »