« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »

JRA GI 2020 開幕戦「フェブラリーステークス」

 いよいよ 2020 年、オリンピックイヤーの GI が開幕します!

 昨年のチャッピオンズカップの覇者、若き砂の王者 クリソベリルと、同 2 着ゴールドドリーム不在で、この 2 頭と接戦を演じた、ディフェンディングチャンピオンであるインティ、そして、初めての砂の重賞で、コパノキッキング他、並み居る砂の重賞ウィナーをまとめて差し切ったモズアスコットが人気の中心で、楽に前に行けそうなインティを目がけてモズアスコットがどこで仕掛けるか?これが焦点になりそうです。

 マークを受けながら逃げるインティにに対して、今度は GI 、あんなにきれいな競馬ができるか?が不安要素に感じるモズアスコットに荒れる要素は感じますが、かといって、これら二頭をまとめて面倒を見れそうな実力馬も…上位二頭と他馬には、素直な競馬になった場合、相当な差があると見ました。

 そうなるとインティは、鞍上に武 騎手を迎えて、中央のダートでは複勝圏を外しておらず、これをやはり上位に見ます。対抗はモズアスコットとした場合、内で前につけられる馬に絡んでいけるチャンスありと見ました。

◎インティ
○ モズアスコット
▲ アルクトス
△ ワイドファラオ
△ サンライズノヴァ
× デルマルーブル

 ヴェンジェンスは左回りだと戦跡が冴えず、ミッキーワイルドは前走負けすぎ、ノンコノユメは昨今、あの目の覚めるような末脚がなりを潜めているので、必然、休み明けでも東京で戦績が良く、距離適性もあり、内でじっとしていられるアルクトスに期待しています。

 あと、クリソベリルの陰に隠れてしまっていますが、四歳ではデルマルーブルも強いと思っていて、ただちょっとマイルは忙しいか?外目の枠をひいたことで評価も落としていますが、抑えておきたいと思います。

 馬券はインティを軸に、パドックを見てミッキーワイルドを加えるか思案してから、どう買うか最終決断したいと思っています。ひとまずは今年初戦しっかり抑えたい、素直なレースになって欲しいと祈っております (^^;A

| | コメント (0)

モズアスコットは再び輝けるのか?

 昨年最後のホープフルステークス。

 内枠を利してじっとして抜け出せば、直線の短い、かつ小回りの中山でも…とは思っていましたが、まさにその通り、強い馬にあんな競馬をされたら、他馬は手を出せません。同じような位置で競馬をしていたヴェルトライゼンデを寄せ付けなかったわけですから、コントレイルの強さばかりが際立ったレースでした。当然、獲りましたけど、三連複1番人気ですからね…ま、勝って締めたという事で由としています。

20191228

 さて、今年も開幕戦の時期がやって参りました。

 注目はやはり、前走、初ダートで、重賞制覇を決めたモズアスコットが、芝・ダート GI 両制覇を目指して、この開幕戦 フェブラリーステークスに駒を進めてきます。

 やはり安田記念を制した馬ですから、並の馬ではないことは確かですし、ある程度以上の適性があれば、ダートの重賞でも勝てるパワーはあるのでしょう。ただ、前走 根岸ステークスはきれいすぎた。外目を通り砂をかぶらず、適度に長くなった馬群の中団につけて差し切る。あんなきれいな競馬が GI でできるかどうか?

 しかも前に行くのは前年覇者 インティです。

 もちろんこの二頭を除くと、三着が問題で、大混戦が予想されます。今言えることは、とりあえず「枠順」を見てから。これが大きく勝負を左右するように思います。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »