« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

JRA GI 2020 第二戦「高松宮記念」

 今日の中京は芝不良で始まりました。これから天気は回復傾向ですが、それでも早いタイムでの決着はどうか?と思います。

 1 番人気はやはりグランアレグリアで、ダノンスマッシュタワーオブロンドンが続きます。おそらく、スプリント経験を重視すると、この順位は変わらないと思います。

 グランアレグリアは、これまでゆったりとしたレース間隔で使われ、偶然かも知れませんが、圧勝と敗戦を繰り返しています。順番からすると、今回は何かあるとき。実際、道悪の経験も乏しいですし、おそらく行くのは、モズスーパーフレアやセイウンコウセイでしょうが、他の有力馬のよりは前にいるでしょう。あの軽いはしりが果たして、この条件で…と思うと、ちょっと厳しい気がします。

 そうすると叩き良化型のタワーオブロンドンかダノンスマッシュか…乗り変わりのないダノンスマッシュを上に見ました。

◎ ダノンスマッシュ
○ グランアレグリア
▲ モズアスコット
△ タワーオブロンドン
△ ダイアトニック
× アウィルアウェイ
× アイラブテーラー

 上位五頭は、大方変わらないと思うのですが、気になるのは、内でじっとして弾けられそうなアウィルアウェイと、こちらも同じ 4 歳牝馬でまだ底を魅せていなさそうなアイラブテーラー。鞍上が武 騎手というのも気になる要素です。

 逆に穴人気しそうなステルヴィオをは内すぎ、未知数なノームコアは外すぎます。馬場の回復状況にもよりますが、ある程度か服すればまだうちが良さそうな中京で、内では窮屈なステルヴィオと、内には入りずらいノームコアは評価を下げました。

 そんな荒れそうな気がしないので、ちょっと馬券は絞っていこうと、今、戦略を考えています。

| | コメント (0)

史上初静寂の電撃戦、制するのはグランアレグリアか?それとも…

 フェブラリーステークスはまったく自分が思い描いていた展開とは違うレースになり、行くと思っていたインティは控えて直線伸びず、内で閉じ込められて砂をかぶってもものとせずモズアスコットが完勝。どちらかに賭けて、逆の目が出ただけ、ギャンブルとはそう言うもの。すっぱり忘れるしかありません。

 さて新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ついに今週行われる GI 高松宮記念も無観客で行われることとなりました。

 秋のスプリント王 タワーオブロンドンに、昨年の桜花賞馬 グランアレグリア、前哨戦 オーシャンステークスを完勝して見せたダノンスマッシュらスプリント路線の主役級に加え、マイル路線からステルヴィオ、ダートも制したマイル王 モズアスコットに加え、昨年のマイル女王 ノームコアまで参戦する豪華メンバーで行われるだけに、無観客というのはもったいないと思わざるえません。

 そんな今年の高松宮記念ですが、やはり阪神カップを衝撃の内容で制したグランアレグリアが一番人気になるのではないかと思います。

 ただでさえ豪華メンバーで予想が難しい上に、参戦する GI 馬がステルヴィオ以外は乗り変わり、特にグランアレグリア、タワーオブロンドン、モズアスコットの前走鞍上を務めた C. ルメール騎手不在というのが、ややこしさに拍車をかけます。

 ここまで役者が揃っていると、乗り変わりもなく、スプリント経験値が高く、かつ内でじっとしていられる…ダノンスマッシュが有利に思えて仕方ないのですが…週末、馬券戦略も合わせて、思考を進めていきたいと思います。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »