« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

JRA GI 2020 第十戦「東京優駿(日本ダービー)」

 確かディープインパクトが無敗二冠を達成したときも赤帽 5 番だった…何やら運すら味方につけているような気がします。サリオスに逆転の目があるとしたら、コントレイルより内の枠で、スタートを決め、前で競馬を進めて先にスパートするしかないと思っていたのですが、コントレイルの方が内。

 ここは素直に、コントレイルの無敗二冠を祈ることにします。対抗はサリオス

 距離適性云々の問題はあると思いますが、皐月賞で見せたあの差は決定的に思え、かつこの二頭は叩き二走目。しかも、ダービーの青葉賞以外で、勝ったのは皐月賞組。しかもその青葉賞馬 オーソリティは戦線離脱。こうなると基本、皐月賞組を上位にみるのが妥当かと思います。

 NHK マイルカップから参戦のサトノインプレッサは最内枠を引いてもスタートが早いほうではなく、毎日杯からの直行のアルジャンナもそのサトノインプレッサに完敗していますし、あのじりっぽさ、ディープインパクト産駒としても距離が伸びていいようには思えません。

 こうなるとあの皐月賞の特殊な馬場状態から、明日は良馬場が望めそうで、これで見直しが必要な皐月賞組を中心に考えると…

◎ コントレイル
○ サリオス
▲ ワーケア
△ ヴェルトライゼンテ
△ レクセランス
× サトノフラッグ
× マイラプソディ

 皐月賞組ではなく、間隔があきすぎていることも気になるワーケアですが、あのホープフルステークス、弥生賞の内容からして、やはり東京でパフォーマンスを上げてきそうで、枠も有力どころで最内、鞍上も C. ルメール 騎手と怖い要素が満載。ちょっと無視するのは危険すぎます。

 となると、他は穴っぽいところを狙いたいので、皐月賞はスタートで終わったレクセランス、距離が伸びても良さそうなヴェルトライゼンテ、チークピシーズで化けたら怖いマイラプソディと、やっぱり無視できないサトノフラッグ、あと印は届きませんでしたが、もう一頭、今乗れてる松山 弘平 騎手鞍上のきさらぎ賞馬 コルテジアが気になっています。

 おそらく積極的に行く馬はおらず、折り合い重視のスローペースになると思います。まさか、コントレイルは下げないと思いますが、サリオスがどうポジションを取りに行くかがキーになりそう。縦長の展開にはなりそうにないので、やはりサリオスは難しい判断を求められそう。

 馬券はコントレイルとサリオスから。細かい判断は当日の馬場状態とパドックを確認してから。頼む!福永 騎手、素直に前に行ってくれ! w と祈りつつ、皆さんにも Good Luck! (^^)b

| | コメント (0)

コントレイル VS サリオス 第二幕!

 東京 2400m と言う未知の距離で、折り合い重視だということもあったのでしょうが、いいスタートを切って、それでも後ろに下げて、スローペースで馬群が固まる中、最後の直線、進路がなくなったところで…やっぱり…と一瞬思いました。他の同じような位置取りで進めていた馬が、全滅で、前々で競馬をしたウインマリリンが二着、早めに内をするすると抜けてきたウインマイティーが三着だったわけですから、やはりデアリングタクトの実力は、一枚上だったと言わざる得ません。牝馬初、無敗三冠、この馬なら夢ではないかも…少なくとも東京 2400m より内回りとはいえ京都 2000m の方が向いているような気がします。

 と言うことで、ウインマリリンはともかく、ウインマイティーは完全に眼中になかったので惨敗です。はい、これで東京 GI 三連敗、しめて桜花賞から六連敗!はい、毎年言いますが、ダービー良ければ、前半戦は全て由!今週の日本ダービーで風向きを変えてみせます!

 とは言っても、コントレイル VS サリオスの再戦の様相は、なかなか覆せそうにありません。基本これでいいでしょうし、真ん中より内を取ったコントレイルに、サリオスがいったいどう言う競馬で立ち向かうのか?これが一番大きな争点だと思います。

 ただ皐月賞みたいに後ろに下げすぎると、C コースに変わってさらに前が止まらなくなって、また先行馬に足をすくわれるかも…ここは要注意ですが、基本三着争いだと思って思考を組み立てるつもりでいます。

| | コメント (0)

JRA GI 2020 第九戦「優駿牝馬(オークス)」

 有力馬が大方、内枠に集まったため、これらに極端な有利不利はないと思います。

 前日一番人気、桜花賞馬のデアリングタクトは、折り合いの心配もあるのですが、34 秒台の脚しか使ったことがなく、一方でデゼルは、前走 スイートピーステークスで上がり 3F 32.5 秒と言う末脚を使えたことは魅力ですが、2 戦しかしていないこと、中二週で東京輸送が続くことが課題。クラヴァシュドールは、やはり前述二頭に比べると力的に一段落ちる感があります。対して、穴人気を集めているフローラステークス組は、走破タイムはともかく、実力的にこの三頭に敵うかというと…となると、かなり特殊なレースだったと言わざる得ない桜花賞で力が発揮できなかった組を見直す必要があると思います。

 幸い土曜日はさほど雨も降らず、馬場状態は良い状態で日曜日を望めそうです。無理に人気二頭を切るつもりはないですが、上がり勝負になる傾向の強いオークスで、桜花賞でその末脚を発揮できなかった馬を狙ってみます。

◎ デアリングタクト
○ デゼル
▲ ウーマンズハート
△ クラヴァシュドール
△ ホウオウピースフル
× サンクテュエール
× リアアメリア

 もう一頭マジックキャッスルまで手が回らなかったので、入れ替え候補としておきます。ミヤマザクラはねぇ…決め手がないだけに、同じディープインパクト産駒なら、ハナを主張するだろうスマイルカナの方がより怖く感じます。

 デアリングタクトか、デゼルか…どちらかから流そうと思っていますが、最終判断は当日の馬場状態、パドックを見てから。

 リリーピュアハート以外経験したことのない距離ですから、毎年のことですから力の関係がわかりづらいですが、手堅く、そろそろ抑えておきたい…えぇ単なる願望です (_ _;A

 

| | コメント (0)

デゼルは本物か?

 ヴィクトリアマイルは圧巻のレースでした。

 スタートを決めて、好位につけたと思えば、そのまま折り合って、直線を向くと持ったまま、先頭に立ち、追うこともなく 4 馬身差の圧勝。アーモンドアイにとって適距離だとは思っていましたが、ここまで強いとは…「牝馬戦では役者が違う」という話もありますが、牡馬混合戦で牝馬でも互角に勝ち負けする時代。たとえ牝馬戦であろうとも、この強さは素直に認めるべきでしょう。

 ノームコアも二戦目、マイルで巻き返しましたし、想定外だったのはサウンドキアラ。もうちょっと後ろから行くと思ったのですが、馬場が早いということも勘案してか、大外から果敢に前につけそのまま押し切る、こんな競馬ができるとは正直、思いませんでした。鞍上 松山 弘平 騎手の好判断が光りました。

 その松山 騎手が鞍上を務めるデアリングタクトが今週のオークスでも主役です。桜花賞でもかかる仕草を見せたのが、弱冠気になるところですが、あの決め手は無視できないことは確か。

 これに対するは二線二勝、スイートピーステークスを圧勝して魅せたデゼル。確かにインパクトは大きかったですが、この一戦で本物と判断する仁尾はあまりにも鮮やかすぎ、経験値の少なさ、中二週で再び東京への輸送と言うところは気になるところ。

 選手までは早い馬場、一方で明日の雨がどこまで馬場を悪化させるか…いろいろ考える要素は多そうです。

| | コメント (0)

JRA GI 2020 第八戦「ヴィクトリアマイル」

 ひとまず雨は明け方には止みそうで、気温も高くなりそうなので、パンパンとは行かないまでも良馬場で行われそうな今年のヴィクトリアマイル。

 となると、本命はひとまずアーモンドアイでいいでしょう。

 血統的な距離適性、枠順から見ても、大きなマイナスはなさそうですし、5 歳馬が世代的にも強いと思いますし、おまけに牝馬限定戦。まさか馬券を外すことはないと思います。

 対抗はノームコアです。前走は予定が狂って、馬体重も香港マイル時と比較しても +11kg 。おまけに血統的にもスプリントがあっているように思えません。今度は昨年勝ったこの舞台。巻き返してくると思っていいと思います。

 穴はビーチサンバ。人気薄になると走る馬ですし、必要以上に下げずに、内でうまく立ち回れば、得意の東京マイルで、馬券内に残れる実力はあると思います。

◎ アーモンドアイ
○ ノームコア
▲ ビーチサンバ
△ プリモシーン
△ ラヴズオンリユー
× セラピア
× ダノンファンタジー

 ラヴズオンリユーはオークスを勝っていますし、マイルも 1 勝クラスで一度しか経験がないのですが、ディープインパクト×ストームキャットでマイルがあいそうな気がするんですよねぇ…マイルなら前々で競馬が運べそうですし。

 連勝中のサウンドキアラは大外を嫌いました。おまけに前走、勝ったと言っても阪神。今度は勝ちのない東京で左回りの上に輸送。人気もある程度集めそうなので、外枠すぎてコントラチェックと合わせて手が回りませんでした。牝馬戦なので、末脚勝負に徹してくるであろうスカーレットカラーシゲルピンクダイヤはひとまず切り。前哨戦大将 ダノンファンタジーは、明らかに前走は余裕残し。今回どこまで変わってくるか、パドックでしっかり確認したいと思います。

 来週のオークスが難しそうなので、ひとまずここで、東京五連戦の初白星を…マジで狙ってます!

| | コメント (0)

アーモンドアイ抜きには語れない

 結果だけを見ると、行った行ったのレースに見えた NHK マイルカップですが、実際は内容の濃かったレースだったと思います。

 チューリップ賞に、桜花賞と、そのスピードを生かし切れずに負けた感のあるレシステンシアがもっと飛ばすかと思いましたが、前半46.0 秒のミドルペース。競りかけてくるラウダシオンを無理に引き離すもなく、じっくり前でイーブンペースを作り出し、その証拠に、その後ろに控えたタイセイビジョンはかかり気味。これが結果として、後ろに控えたサトノイップレッサやルフトシュトロームが届かない、上がり 3F 34.5 秒の結末を作り出し、かつ前々で運んだラウダシオンとのマッチレースの結果、競り落とされると言う結果になりました。

 ただもっと速いペースで飛ばしていれば、後ろが有利になり、ミドルペースで粘りきったレシステンシアを褒めるべきですし、楽して競り落とせたはずのないこの馬に競り勝ったラウダシオンはもっと評価されていいはずです。

 まったく予想もつかない展開で、唖然とはしましたが…えぇまた軸(タイセイビジョン)が四着でしたし、ラウダシオンもアウトオブ眼中でした orz

 これで三連敗、しかも、東京五連戦を毎年のように黒星発進…なんとかしなければなりません!今週は、春のマイル女王決定戦 ビクトリアマイルです。

 コロナ禍の影響で、例年以上に豪華メンバーが揃った今年のビクトリアマイル。それでもアーモンドアイ抜きには語れません。

 なにせ昨年の有馬記念以来、その有馬記念で衝撃の惨敗を喫した復帰戦ですから、なんのかのアーモンドアイ過信危険論が飛び交います。その中でも多いのが、距離適性的にマイルは短い論。

 しかし、あの致命的な不利を受けて、三着にまで食い込んだ昨年の安田記念を見て、この馬の適性は 1600m 〜 2000m で距離適性長めのマイラーだと個人的には思っています。

 短いという方の理屈もわかります。やはり一昨年前のワールドレコードをたたき出したジャパンカップのインパクトは強烈で、これくらいの距離に適性が…と思われる方もいる多いと思います。が、個人的には、血統的に見てもやはりマイルこそ、アーモンドアイの強さの絶対度が高くなると思っています。

 まずは、アーモンドアイ、これは別格として、二着、三着争いを…これだけでも、メンバー的に相当難しいとは思いますが… (^^;A

| | コメント (0)

JRA GI 2020 第七戦「NHK マイルカップ」

 天気は微妙なところですが、大阪はすでに止んでいるので、東京もいって稍重くらいまでと言う前提で予想します。

 さほど条件が悪化しないのであれば、やはり人気の四頭、桜花賞  2 着 レシステンシア、アーリントンカップ覇者 タイセイビジョン、ニュージーランドトロフィー覇者 ルフトシュトローム、毎日杯覇者 サトノインプレッサ中心で考えていいでしょう。この四頭に目に見えて大きな実力差はないと思います。

 そう言う前提で考えると、一番、減点の少ないタイセイビジョンを本命にします。確かに、前走は何に勝った?と言うメンツではありましたが、それまで、戦ってきた相手も違い、その実力差を見せつけた内容。1400m ですが東京での時計も持ってますし、乗り変わりも無し。枠も内でじっとしていられる四頭の中では最内枠。

 対して、レシステンシアはやはり初の輸送というのが気になります。乗り変わりもそうですし、武 豊騎手がサトノインプレッサに乗るというのも引っかかります。パドックでまず確認してからですが、ひとまず対抗で。

 良馬場での持ちタイムがないサトノインプレッサ、早い上がりの実績が無いルフトシュトローム、さらに両馬とも左回りの経験が無く、さらに前二頭よりかなり外枠に入ったことで、ひとまず押さえに回します。

 レシステンシアが、逃げる展開になろうかと思いますので、超スローからの上がり勝負はないとして、また同馬が行く以上、これ以外の前残りは考慮せず、末脚だけに賭けてくる馬に注意して…

◎ タイセイビジョン
○ レスシステンシア
▲ サクセッション
△ サトノインプレッサ
△ ルフトシュトローム
× シャインガーネット
× ボンオムトゥック

 × の牝馬二頭はパドックで見てから取捨選択します。絞るかも知れません。これ以外の馬が来たら惨敗覚悟で絞るかも知れません。いずれにしても、パドックと馬場状況を見てから、タイセイビジョンからどう流すかを考えます。

 今年の東京五連戦はどのレースもメンバーが豪華で、早々大穴が開くとは思えないのですが…まずは気を引き締めて、この初戦獲りに行きます!(⊃`ω´⊂)

| | コメント (0)

中心はレシステンシア

 またもや軸が飛びました orz

 キセキがスタートを決め、ゆっくりと一週目のスタンド前で先頭に躍り出るスローペース。いい位置につけていたモズベッロ。あまりに後ろすぎると思ったフィエールマン。ここまでは予想の範疇でした。しかし、直線、まったく伸びないモズベッロ。キセキも力尽き、あの位置から伸びてきたフィエールマンが、まさかと思ったスティッフェリオの先行抜け出しを捕らえきるとは…惨敗です。

 そして、この連敗続きで、毎年得意ではない東京 GI 5 連戦が始まってしまいます。初戦は特に苦手な NHK マイルカップ。

 今年の人気はレシステンシア中心でしょう。今年も早い東京の馬場、魅せた桜花賞。NHK マイルカップって、他の東京マイルの GI と比較して、意外に先行押し切りが目立つレースでもあります。ただ、ルメール騎手って逃げてうまいと言う印象が個人的には薄いんですよね…おまけにレシステンシア自身、初めての東京、初めての左回り、初めての長距離輸送。

 おまけに今年の牡馬陣もそんなに層は薄くないと感じます。昨年の朝日杯でサリオスの二着、アーリントンカップを制したタイセイビジョン。さらに無敗で毎日杯を制したサトノインプレッサに、こちらも無敗でニュージーランドトロフィーを制したルフトシュトローム。

 中心はレシステンシアでも、一筋縄ではいかない気がしています。どうせコロナ自粛でどこへも行く気はないですし、連敗ストップに向けて、この週末ゆっくり考えようと思います。

| | コメント (0)

JRA GI 2020 第六戦「天皇賞(春)」

 去年の天皇賞(春)のあの決定的な差を思い出すと、グローリーヴェイズ不在の今回、フィエールマンに迫れる馬がいるかというと甚だ疑問です。

 去年より実力が落ちているとも思えませんが、もしつけいる隙があるとするならば、大外枠という点と有馬記念以来で去年より間隔が開いている事で、スタミナを要求される消耗戦になると足をすくわれる可能性がなきにしもあらず…

 そう考えると、必要以上に下げずに内でじっとしてられる馬に目がある気がして、日経賞組に注目することにしました。本命はモズベッロでいきます。

◎ モズベッロ
○ フィエールマン
▲ キセキ
△ ミッキースワロー
△ ユーキャンスマイル
× トーセンカンビーナ
× メイショウテンゲン

 正直、エタリオウダンビュライトまで気になっているのですが、もうそこまで手を伸ばすなら、素直にフィエールマンから馬単で勝負します。ここからさらに絞って、馬券戦略を考えるつもり。キセキが出るか出ないか、どちらにはるかで、大きく戦略が変わる気もしますし…

 当日の馬場状態、パドックを見て最後まで悩みもがいてみようと思います

| | コメント (0)

フィエールマンが勝ってしまいそう

 皐月賞はすごいレースでした。

 絶好のスタートを切ったように見えたコントレイルが下がっていく中、しっかり前につけたサリオスを見る位置でサトノフラッグ。そのサトノフラッグよりも下がって 3 コーナー手前、一瞬、このまま内に閉じ込められるのではないかと思った次の最終コーナー手前では、外からサトノフラッグに並びかけたコントレイル。まるでマジックを見ているようでした。

 そこから、コントレイルに並んで…と思ったらサトノフラッグは伸びず、さらに前で待っていたサリオスは、叩き合いの末、1/2 馬身競り負け。やはり 1 、 2 着のこの二頭は強かった。圧倒的でした。サトノフラッグはなんでも出来ると言うところが、逆に徒になった感じがします。

 と言うことで、またもや軸を間違えて撃沈。まぁ 3 着のガロアクリークは買えてなかったので、言い訳はしません。

 今週はさらに難しい春の天皇賞。

 昨年、アメリカジョッキーズクラブカップ以来 3 ヶ月ぶりでいきなり淀の 3200m は…と思ったフィエールマンが、ねじ伏せるような競馬を見せて制覇。連覇に挑む今年は、なんと昨年の有馬記念 4 着以来という今年初戦。

 しかし、それでも去年の強さを考えるとフィエールマンが勝ってしまいそうなメンバー構成です。

 去年本命に推して、今年は阪神大賞典を制して今年こそと思っていたユーキャンスマイルは、直前の岩田 康 騎手の落馬で、浜中 騎手に乗り変わり。長距離戦で、乗り変わりというのは…あまりい感じがしません。かくいうキセキも乗り変わりで、武 豊 騎手ですが、こちらはスタートさえ出れば、他に競り賭けてくる馬もいなさそうで、乗り変わりと相殺できそう…なんですが、結局、フィエールマンに敵うかというと…

 やっぱりフィエールマンかなぁ…でもなぁ…なんか大外枠というのがなぁ…イヤな予感がするのです。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »