« JRA GI 2020 第八戦「ヴィクトリアマイル」 | トップページ | JRA GI 2020 第九戦「優駿牝馬(オークス)」 »

デゼルは本物か?

 ヴィクトリアマイルは圧巻のレースでした。

 スタートを決めて、好位につけたと思えば、そのまま折り合って、直線を向くと持ったまま、先頭に立ち、追うこともなく 4 馬身差の圧勝。アーモンドアイにとって適距離だとは思っていましたが、ここまで強いとは…「牝馬戦では役者が違う」という話もありますが、牡馬混合戦で牝馬でも互角に勝ち負けする時代。たとえ牝馬戦であろうとも、この強さは素直に認めるべきでしょう。

 ノームコアも二戦目、マイルで巻き返しましたし、想定外だったのはサウンドキアラ。もうちょっと後ろから行くと思ったのですが、馬場が早いということも勘案してか、大外から果敢に前につけそのまま押し切る、こんな競馬ができるとは正直、思いませんでした。鞍上 松山 弘平 騎手の好判断が光りました。

 その松山 騎手が鞍上を務めるデアリングタクトが今週のオークスでも主役です。桜花賞でもかかる仕草を見せたのが、弱冠気になるところですが、あの決め手は無視できないことは確か。

 これに対するは二線二勝、スイートピーステークスを圧勝して魅せたデゼル。確かにインパクトは大きかったですが、この一戦で本物と判断する仁尾はあまりにも鮮やかすぎ、経験値の少なさ、中二週で再び東京への輸送と言うところは気になるところ。

 選手までは早い馬場、一方で明日の雨がどこまで馬場を悪化させるか…いろいろ考える要素は多そうです。

|

« JRA GI 2020 第八戦「ヴィクトリアマイル」 | トップページ | JRA GI 2020 第九戦「優駿牝馬(オークス)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JRA GI 2020 第八戦「ヴィクトリアマイル」 | トップページ | JRA GI 2020 第九戦「優駿牝馬(オークス)」 »