« デゼルは本物か? | トップページ | コントレイル VS サリオス 第二幕! »

JRA GI 2020 第九戦「優駿牝馬(オークス)」

 有力馬が大方、内枠に集まったため、これらに極端な有利不利はないと思います。

 前日一番人気、桜花賞馬のデアリングタクトは、折り合いの心配もあるのですが、34 秒台の脚しか使ったことがなく、一方でデゼルは、前走 スイートピーステークスで上がり 3F 32.5 秒と言う末脚を使えたことは魅力ですが、2 戦しかしていないこと、中二週で東京輸送が続くことが課題。クラヴァシュドールは、やはり前述二頭に比べると力的に一段落ちる感があります。対して、穴人気を集めているフローラステークス組は、走破タイムはともかく、実力的にこの三頭に敵うかというと…となると、かなり特殊なレースだったと言わざる得ない桜花賞で力が発揮できなかった組を見直す必要があると思います。

 幸い土曜日はさほど雨も降らず、馬場状態は良い状態で日曜日を望めそうです。無理に人気二頭を切るつもりはないですが、上がり勝負になる傾向の強いオークスで、桜花賞でその末脚を発揮できなかった馬を狙ってみます。

◎ デアリングタクト
○ デゼル
▲ ウーマンズハート
△ クラヴァシュドール
△ ホウオウピースフル
× サンクテュエール
× リアアメリア

 もう一頭マジックキャッスルまで手が回らなかったので、入れ替え候補としておきます。ミヤマザクラはねぇ…決め手がないだけに、同じディープインパクト産駒なら、ハナを主張するだろうスマイルカナの方がより怖く感じます。

 デアリングタクトか、デゼルか…どちらかから流そうと思っていますが、最終判断は当日の馬場状態、パドックを見てから。

 リリーピュアハート以外経験したことのない距離ですから、毎年のことですから力の関係がわかりづらいですが、手堅く、そろそろ抑えておきたい…えぇ単なる願望です (_ _;A

 

|

« デゼルは本物か? | トップページ | コントレイル VS サリオス 第二幕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デゼルは本物か? | トップページ | コントレイル VS サリオス 第二幕! »