« JRA GI 2020 第九戦「優駿牝馬(オークス)」 | トップページ | JRA GI 2020 第十戦「東京優駿(日本ダービー)」 »

コントレイル VS サリオス 第二幕!

 東京 2400m と言う未知の距離で、折り合い重視だということもあったのでしょうが、いいスタートを切って、それでも後ろに下げて、スローペースで馬群が固まる中、最後の直線、進路がなくなったところで…やっぱり…と一瞬思いました。他の同じような位置取りで進めていた馬が、全滅で、前々で競馬をしたウインマリリンが二着、早めに内をするすると抜けてきたウインマイティーが三着だったわけですから、やはりデアリングタクトの実力は、一枚上だったと言わざる得ません。牝馬初、無敗三冠、この馬なら夢ではないかも…少なくとも東京 2400m より内回りとはいえ京都 2000m の方が向いているような気がします。

 と言うことで、ウインマリリンはともかく、ウインマイティーは完全に眼中になかったので惨敗です。はい、これで東京 GI 三連敗、しめて桜花賞から六連敗!はい、毎年言いますが、ダービー良ければ、前半戦は全て由!今週の日本ダービーで風向きを変えてみせます!

 とは言っても、コントレイル VS サリオスの再戦の様相は、なかなか覆せそうにありません。基本これでいいでしょうし、真ん中より内を取ったコントレイルに、サリオスがいったいどう言う競馬で立ち向かうのか?これが一番大きな争点だと思います。

 ただ皐月賞みたいに後ろに下げすぎると、C コースに変わってさらに前が止まらなくなって、また先行馬に足をすくわれるかも…ここは要注意ですが、基本三着争いだと思って思考を組み立てるつもりでいます。

|

« JRA GI 2020 第九戦「優駿牝馬(オークス)」 | トップページ | JRA GI 2020 第十戦「東京優駿(日本ダービー)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JRA GI 2020 第九戦「優駿牝馬(オークス)」 | トップページ | JRA GI 2020 第十戦「東京優駿(日本ダービー)」 »