« JRA GI 2020 第六戦「天皇賞(春)」 | トップページ | JRA GI 2020 第七戦「NHK マイルカップ」 »

中心はレシステンシア

 またもや軸が飛びました orz

 キセキがスタートを決め、ゆっくりと一週目のスタンド前で先頭に躍り出るスローペース。いい位置につけていたモズベッロ。あまりに後ろすぎると思ったフィエールマン。ここまでは予想の範疇でした。しかし、直線、まったく伸びないモズベッロ。キセキも力尽き、あの位置から伸びてきたフィエールマンが、まさかと思ったスティッフェリオの先行抜け出しを捕らえきるとは…惨敗です。

 そして、この連敗続きで、毎年得意ではない東京 GI 5 連戦が始まってしまいます。初戦は特に苦手な NHK マイルカップ。

 今年の人気はレシステンシア中心でしょう。今年も早い東京の馬場、魅せた桜花賞。NHK マイルカップって、他の東京マイルの GI と比較して、意外に先行押し切りが目立つレースでもあります。ただ、ルメール騎手って逃げてうまいと言う印象が個人的には薄いんですよね…おまけにレシステンシア自身、初めての東京、初めての左回り、初めての長距離輸送。

 おまけに今年の牡馬陣もそんなに層は薄くないと感じます。昨年の朝日杯でサリオスの二着、アーリントンカップを制したタイセイビジョン。さらに無敗で毎日杯を制したサトノインプレッサに、こちらも無敗でニュージーランドトロフィーを制したルフトシュトローム。

 中心はレシステンシアでも、一筋縄ではいかない気がしています。どうせコロナ自粛でどこへも行く気はないですし、連敗ストップに向けて、この週末ゆっくり考えようと思います。

|

« JRA GI 2020 第六戦「天皇賞(春)」 | トップページ | JRA GI 2020 第七戦「NHK マイルカップ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JRA GI 2020 第六戦「天皇賞(春)」 | トップページ | JRA GI 2020 第七戦「NHK マイルカップ」 »