« 2020年5月 | トップページ

JRA GI 2020 第十二戦「宝塚記念」

 難しいレースになりました>今年の宝塚記念

 GI 馬 8 頭と、メンバーが揃ったことはもちろんですが、さらに当日の降水確率は 80% 。正直、良馬場ならサートゥルナーリアで良いと思っていたのですが、極端な道悪の経験がない同馬にとって、馬場がどこまで悪化するのか見極めたいところですが、いって稍重までということを前提にします。

 そういうことで、本命はサートゥルナーリアで。 2200m と言う距離、右回りの阪神であれば、少なくとも惨敗はないと思っています。

 直線用意ドンの競馬にならないと今回は思っているので、今回はラッキーライラックより、牝馬ならクロノジェネシスに分があると思っています。

 ただ牝馬より、多少なりとも馬場が悪くなり、かつまた行きたい馬がいるので、長くいい脚が使えるタイプの方がいいと考えると、意外に人気していないワグネリアンが、ダービーのときのような積極策できたとき、ハマりそうな気がしてなりません。

◎ サートゥルナーリア
○ クロノジェネシス
▲ ワグネリアン
△ ラッキーライラック
△ グローリーヴェイズ
× ブラストワンピース
× キセキ

 他に気になる馬がいないことはないのですが、このくせ者揃いの GI 馬相手に割っては入れるほどかというと…素直に今回は GI ホースたちの力比べを期待したいと思います。

 馬券戦略等詳細は、何より馬場状態を確認してから。。。なにせ連勝中。上半期、勝って三連勝で締めたいですし。いつもそのつもりですが、真剣です! w

 皆様にも、夢と幸運が舞い降りることを願いつつ。。。Good Luck! (^^)b

| | コメント (0)

それでもサートゥルナーリアに勝てるのか?

 ハマるとはああいうことを言うのか…そう言うレースでした。

 アーモンドアイはなぜ伸びあぐねたのか…馬鹿な論議があります。芝稍重で、上がり 3F 33.9 秒で上がっていて、落鉄したとは言え、前年チャンピオン インディチャンプを飼わしていますし、上がり最速だった、勝ったグランアレグリアとは、上がりで 0.2 秒差です。これを伸びあぐねたというのであれば、他馬はそもそも伸びてもいません。

 出遅れたとは言え、卒の無いレースをしたアーモンドアイ。しかし、グランアレグリアは前々で我慢し、前が開くのを待って、ここぞと言うときに前が開いた。しかも馬場の真ん中いいところ。そして、あの伸び。勝って当然のグランアレグリアを褒めるべきです。

 おかげさまで馬券も獲れましたし…えぇ、もちろん獲って損ですが… orz

20200607

 いや、勝ったことが大事!ダービーから連勝!秋に向けて三連勝で締めると気合いを入れて臨む、前半ラストの宝塚記念!

 大阪杯で大阪杯でラッキーライラックを押しておいてなんですが、果たしてサートゥルナーリアには敵うのか?久々を苦にしないサートゥルナーリアが、右回り、無観客で臨む一戦。2200m というのもいい距離だと思います。

 対して、ラッキーライラックにとって 2200m というのは心持ち長い気がします。大阪杯は距離も良かったし、ダノンキングリーが逃げざる得なかったように、我慢して直線用意ドンの牝馬向きのレースで、馬場もよかった。

 対して今回は、行きたい馬もいる、梅雨のこの季節で時計勝負の馬場ではない…ちょっと牝馬向きではないような気がするんですよねぇ…かといって、サートゥルナーリア以外で、ラッキーライラックと、クロノジェネシスも含め、現役牝馬最強クラスを相手に、力でねじ伏せられるような馬がいるかというと…そこをよく週末まで考えます (^^;A

| | コメント (0)

JRA GI 2020 第十一戦「安田記念」

 GI 馬 10 頭、数だけでなく、マイルが重視される昨今の競馬において、ある意味、現役最強決定戦の様相を呈する質も揃った今年の安田記念。コロナ禍も悪い事ばかりではないと思わざるえません。

 焦点は GI 8 冠のなるかならざるか?…なると信じます。

 前走ヴィクトリアマイル、あのレースをされて勝てる馬がいるとは思えません。本命はもちろんアーモンドアイです。もしこの馬に並んでいけるとしたら、これも前年覇者、タイムの実績もあり、陣営は今年は 100% 仕上がったとするインディチャンプ。枠も横並び、外すぎず、早い馬場でもどちらにも有利不利はないでしょう。

 万が一、この二頭に割っては入れるとしたら、適性とローテーションを考えると、鞍上にも戸崎 圭太 騎手が帰ってくるダノンキングリーでしょうか?

◎ アーモンドアイ
○ インディチャンプ
▲ ダノンキングリー
△ ノームコア
△ グランアレグリア
× ダノンプレミアム
× アドマイヤマーズ

 ドバイミーティング中止の影響とは言え、年明け初戦でこの相手というのは、実力は認めますが、いくら何でもきつすぎるアドマイヤマーズ。それよりは叩き良化型で、さらに調子を上げてきそうなノームコアや、スプリントよりマイルの方が合ってそうな気がするグランアレグリアの方が、牝馬特有の切れも含めて三着争いならありそう。

 ダノンプレミアムは休み明けの実績もあるのですが、逆に 4 月にオーストラリアで走って、2 ヶ月経たずしての国内初戦で、このメンバーは…と思って、評価を落としました。

 アーモンドアイとインディチャンプの一騎打ちと見る以上、これ以上、手は広げられません。パドックで異常を感じれば、基本切る方向で絞っていきます。

 負け越している今年の前半戦も残り二戦。ダービーは獲りましたが、秋に向けてもう一本!できれば三連勝を目指します!(⊃`ω´⊂)

| | コメント (0)

アーモンドアイか否か

 注文通り、スタートしてすぐ前につけ、途中で出入りが起ころうが慌てず騒がず折り合いに専念し、直線を向いて、進路があくのを待って追い出して抜ける。強いとわかっている馬が、こんな卒の無い競馬をされては、他馬が勝てるはずがありません。

 2 着 サリオスとの差が、皐月賞の半馬身から、3 馬身に広がり、二強ではなく一強…と言う声も聞こえますが、外枠から出て、内に潜り込めず、外々を回って追い出して、それでも 3 着以下には 1 馬身以上差をつけて見せたサリオスも相当強い馬だと思いますし、枠順が逆ならもっときわどい競馬になっていたと思います。

 それでも父 ディープインパクト以来の無敗二冠達成。コントレイル、鞍上の福永 騎手、お見事でした。

 内から伸びてきたサトノインプレッサにはドキッとさせられましたが、やはり距離が伸びて良かったヴェルトライゼンテに助けられました (^O^;A

20200531

 とりあえず連敗は脱出!そして、今週は GI 馬が 10 頭も顔を揃える豪華 安田記念!

 そんなメンバーが揃っても、アーモンドアイか否か?論点はまずそこでしょう。

 アーモンドアイは「距離適性長めのマイラー」という持論を証明して見せてくれた前走 ヴィクトリアマイル。相手が牝馬だったどうこうの問題ではありません。あんなレースをされては、どんな馬もおそらくは勝てません。

 あんなレースをすれば…昨年はそんなレースができなかった。。。しかし、あの悪夢は二度もないと思っています。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ